布団で2分モゾるだけ!「寒くて起きたくない朝」サクッと目覚める技

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬の朝は、あたたかい布団からなかなか出られませんよね。実は、布団の中で2分モゾモゾとストレッチするだけで脳や体が活性化し、スッキリと目覚めることができるんです! 目覚めのストレッチは、ダイエット効果も期待できるので一石二鳥。

そこで今回は、数々の専門家への取材を行ってきた筆者が、朝布団の中で行うと目覚めがよくなる簡単ストレッチをご紹介します。

 

■脳や体を活性化するストレッチ!代謝UPで痩せやすい体にも

実は布団の中でストレッチをすると、多くのメリットが得られます。筋肉が刺激されることで脳や体にスイッチが入り、スッキリと目覚めることができます。

また、寝ている間は同じ体勢でいることが多いことから、血行が悪くなりがち。ストレッチをして大きな筋肉を動かすことで全身の血行がよくなり、一日中代謝が上がった状態で生活できるので、太りにくい体づくりにも効果的です。

そこで、以下のようなストレッチがおすすめです。

(1)全身を伸ばす

仰向けになってグーッとゆっくりと伸びをして全身をしっかりと伸ばすことで、全身の筋肉が刺激されます。

(2)足じゃんけん

足の指でじゃんけんをするようにグーパーします。足の指を動かすことで血行がよくなります。ゆっくりグーパーを5回以上行うとよいです。

(3)ウエストひねり

片膝を上げ、逆サイドに倒すようにしてウエストをひねります。太ももやウエストの筋肉が刺激され、血行促進&引き締め効果が期待できます。各サイド2回ずつ行うとよいです。

(4)太ももストレッチ

片膝ずつ胸につけるように上げ、太ももの前と裏の筋肉を刺激します。太ももには大きな筋肉があるので、動かすことで体全体の血行促進につながります。各サイド2回ずつ行うとよいです。

これらを深呼吸しながらゆっくりと試してみてください。体がどんどんあたたまり、頭もスッキリとしてきますよ!

『美レンジャー』の過去記事「1日10秒!運動嫌いでもラクラク“お腹&太もも”ストンと痩せエクサ」や、「毎日1分!キューッと“ウエストがくびれる”ながらエクサ」も参考にしてみてください。

 

■「気合で起きる」はNG!ヒートショックを招くことも

寒い朝は「気合いで起きる」という人も多いかと思いますが、実はおすすめできません。温度変化の激しいところを行き来することで体温が急激に変化し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性があると言われています。

あたたかい布団と冷えた室内との温度差で、このヒートショックと呼ばれる現象が起こる恐れも……。いきなりガバッと布団から起きるのではなく、起きたらまず暖房をつけて、布団の中で上記のようなストレッチをしながら室温が上がるのを待つとよいです。

 

これらを参考に、寒い冬の朝でもスッキリと気持ちよく目覚め、活動を開始してくださいね。

 

【関連記事】

5時間未満でリスク4.5倍!「風邪を引きやすい睡眠時間」米研究で判明

寝起きの口臭に彼がオエッ!「口が臭くなる」就寝前NG行動3つ

寝起きに胸がドキドキ…コレ何かの病気?「不安な動悸」原因と対策

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 貧乏なのはコレのせい…!? 2016年金運が上昇する「財布の替え時と選び方」

※ 30歳以上の盛りまつ毛は痛い!プロが教える愛されまつ毛の作り方

 

【画像】

※ Africa Studio / Shutterstock