驚くほど疲れ目スッキリ!プロ秘伝「目もとクリア術」簡単3ステップ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホやPC作業で酷使される目もと。さらに濃いアイメイクが加わることで、あなたの目もとは悲鳴を上げていませんか。

「目もとの皮ふは、他の部位より薄く、また表情の変化やまばたきによってもよく動いているので、疲れやクマ、シワ、たるみなどのエイジングサインが集中しやすい部分です」と話すのは、大手エステティックサロン『ソシエ』で技術教育を担当する広瀬さん。

目もとのたるみや重みが気になる、目が小さくなったと感じたらエイジングのサイン。

広瀬さんはエステティシャンに技術を教育する熟練トレーナーで、コース開発も行っている方。今回は、セルフケアで目もとをはっきりさせ、疲れを取り去る簡単なメソッドを教えてもらいました。自宅でもオフィスでも簡単にできますよ!

 

■1:目もとを温める

蒸しタオルや市販のマスクなどを使って、目もとを温めます。入浴中にはお湯で温めたタオルを目もとに乗せても効果的。じんわり温めて、目もとから溜まった疲れをリセットします。

 

■2: 滞りをスムーズに

首をゆっくり前後左右に動かします。続いて目まわりの滞りを流すよう、まぶたや眉の辺りを軽くプッシュしていきます。

就寝前にはアイクリームやフェイスクリームを使用して、滑りをよくして優しく流しましょう。

 

■3:目の体操

ぎゅっと目をつむり、ぱっとひらく。そして目玉を上下左右、回してみたりして動かします。特にPC作業が多い方は意識的に目を動かすことで、疲労が軽減されます。

「目の周りだけでなく、頭、首、デコルテなどをもみほぐし、めぐりをよくするのがコツ」と広瀬さん。めぐりを良くすることで、目もとに老廃物を滞らせないようにします。オフィスやメイクの前、疲れたなと感じた時などに、上記の3ステップを試してみてください。

広瀬さん考案の新コース『創顔(そうがん)パワフルヘッドアイ』では、頭をもみほぐし、目の周りを押す、ほぐす、流すなどの特別ケアで目もとをすっきり、一回り大きな印象にする手技を考案されたそう。

 

目もとの疲れやエイジングサインは蓄積しやすいので、毎日取り除くことが大切ですね。

 

【関連記事】

※ 血流アップで疲れ目スッキリ!「眼精疲労」セルフケア

※ 特別なことゼロ!バッキバキ「肩こりから解放」される5つの習慣

※ 一発でバッチリ決まる!魅惑の瞳を作る「Myベストビューラー」診断

※ 今年こそ人間関係で悩まない!内から外から「よい気が集まる」秘策

※ 肩こり・ゆがみに!お風呂で簡単「セルフ矯正」でスタイルアップ

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 古い服じゃ一生独り!? モテ子になれる「恋愛運UPファッション」2つ

※ お休み中に…正月太りを劇的解消!簡単「スープクレンズ」実践法

 

【取材協力】

※ 広瀬美紀・・・エステティックサロン 『ソシエ』のエステティシャンに技術を教育する熟練トレーナー。多くの人の肌に触れ、トリートメントを行ってきた長年の経験を活かし、新コースの開発も行っている。