残酷ですが…似合ってない!30代女性が陥る「勘違いオシャレ」3連発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレンドの服を着てもおしゃれに見えない、落ち着いた服だと老けて見える……、このような悩みを抱えていませんか? 30代になっても若い時と同じでは、“イタイ女性”になってしまう危険性大。

大人の女性が洋服を選ぶ際に気をつけたいのは、まずは似合っているかどうか。「大人の女性こそ、トレンドや趣味嗜好をやみくもに追いかけるのではなく、“自分に似合う”ファッションを追求するべきです」と話すのは、カラープロデューサーの今井志保子さん。

自分らしい軸のあるファッションは、美しさだけではなく、大人の女性に必要な安心感と信頼感にもつながります。

それでは、今井さんの著書『おしゃれが苦手、センスがなくても大丈夫! わたしに似合う「美人服」の見つけ方』から、30代女性が陥りやすいファッションの勘違いをチェックしていきましょう!

 

■1:“好き”と“似合う”を勘違い

好きな服が似合わなくなってくるのも、30代以降の特徴。

「残念ながら、好きな色やデザインの服が似合うとは限りません。若い頃なら、勢いと思い込みでそれなりに着こなすことができたでしょう。しかし、年齢を重ねると肉体のマイナス要素がどうしても増えてしまうため、顔色が悪く見える、野暮ったく見えるといった、似合わない服のダメージをまともに受けてしまうのです」(今井さん)

アラサーなら試着した際に、客観的に見る目を養う必要がありますね。

 

■2:トレンドを押さえていればOKと勘違い

トレンドに敏感なタイプは要注意。

「みんなが着ているからと、そんな基準で選んでいてはおしゃれには見えません。それらの服は本当に、似合っていますか? トレンドは似合う要素だけ取り入れ、旬とらしさを融合させましょう」(今井さん)

クローゼットに服はたくさんあるのに、着る服がないなら、情報に踊らされている証拠!

 

■3:黒がおしゃれの王道色と勘違い

「私の診断経験からいうと、本当に黒が似合う人は、だいたい4人に1人の割合です」と今井さん。

「黒い服」=「おしゃれに見える」と黒い服ばかりになっていませんか?

実は、似合わない人が黒を着ると、手抜き感が出たり、顔色が悪く見えたり、挙句の果てには性格がキツそうと思われることも……。

「合わせやすい、着やすい、と軽い気持ちで着るには、黒は危険すぎる色。ベージュやグレーなど、黒以外の王道色にも目を向けてみましょう」(今井さん)

 

おしゃれの悩みは人ぞれぞれですが、30代以降は自分と洋服との相性が大切になってきます。トレンドやおしゃれの定義を更新させながら、相応しい洋服の着方を身に着けていきたいものですね。

 

【関連記事】

※ 女の秘密の悩み「ブラジャー処分」に朗報!簡単安心な方法とは…

※ 「残念トレンチ女子」が街中に!もったいない地味すぎNGコーデ3選

※ 前髪かきあげたら…ギョッ!最初が肝心「30代からの正しい白髪ケア」

※ 2位黒ビールより飲み過ぎ危険!「実は高カロリーなお酒」1位は…

※ 3カ所回すだけで…効くぅ~!正月休み「ラクして体型キープ」テク

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

石原さとみよりしっとり?「着物が似合う女性芸能人」断トツ1位は

※ お休み中に集中メンテ!酷使した体を治す「不調別癒しテク」3つ

 

【参考】

今井志保子(米澤よう子/イラスト)(2015)『おしゃれが苦手、センスがなくても大丈夫! わたしに似合う「美人服」の見つけ方』(SBクリエイティブ)