あぁ…「残念な地味子」が街中に!失敗ハンサム女子のNGコーデ4選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年のオシャレキーワードといえば、“ハンサム”、“エフォートレス”、“マニッシュ“でしたよね。肩肘はらないゆる~いヘアやファッションが、2016年も引き続き流行る兆しです。自然体のエフォートレスなハンサム女子は、今年もカッコイイ!

しかし一つ間違えるとフツーっぽいハンサムなファッションは、地味で没個性になっちゃいます。

そこでファッションライターである筆者が、残念なハンサム女子になっちゃうNGコーデを4つお届けします。

 

NG1:コートがフェミニン

いくらパンツをはいておやじ靴をあわせても、コートがフェミニンなスタイルだとハンサムがきまりません。ノーカラーでAラインに裾が広がっているシルエットや、フリルやファーがついたフェミニンコートを着ちゃうとマニッシュに見えなくなるのです。

この冬はダッフルコート、チェスターコート、ダウンコートのロング丈をチョイスしましょう。カジュアルに見せたいときはダッフルやダウン、きちんと見せたいときはチェスターなど、TPOに合わせてアウターを選んで。

ダウンが入ったチェスターやコートの下にインナーダウンを着るなど、防寒対策もしましょうね。

 

NG2:ロングヘアを垂らしている

ロングヘアの方はゆるく髪をまとめましょう。昨年、流行した“くるりんぱ”がオススメ。

過去記事「くるりんぱだけで作れる!ウソみたいに簡単“美人なまとめ髪”」では、くるりんぱだけで作れるヘアアレンジを動画で紹介しています。簡単なのに手の込んだ美人ヘアが完成しますよ。

こちらの過去記事「くるりんぱより簡単なんて!最新アレンジ“ノットヘアー」が激カワッ」では、“ノットヘアー”を紹介しています。

ロブやボブの方は髪をゆるく巻いて“無造作ヘア”にすると、さらにエフォートレス度がアップしますよ。

 

■NG3:帽子やメガネがない

洋服をハンサムにしても帽子やメガネをしていないと、地味な印象に。マニッシュさを出したいときは、必ず帽子かメガネをコーデに投入して。一気にこなれたハンサム女子に見えますよ! 帽子は、髪の色に合った中折れ帽やニット帽が男前美人に。

「ロングヘアは結ぶべし」と先述しましたが、帽子をかぶるときは毛先をゆるく巻いたヘアを垂らしてもオシャレです。

 

NG4:オヤジ靴にタイツやストッキングを合わせている

ローファーやレースアップシューズなどのハンサムオヤジ靴には、断然ソックスが垢抜けて見えます。黒パンツと黒オヤジ靴に白いソックスを合わせると超絶ハンサム! また、ソックスに迷ったときはグレーの厚手タイプにしておくと失敗しません。

詳しくは過去記事「靴下orタイツ?間違えると“足元ダサ子決定”ボトムス別の選び方3つ」をご覧ください。スカートのときはタイツ、パンツのときは靴下、ワイドやガウチョにはタイツ、という基本の足元コーデをおさえておけば安心。

 

あなたに当てはまる残念ハンサムコーデはありましたか? 2016年も引き続きエフォートレスな男前美人を目指しましょうね。

 

【関連記事】

そのメイクも服も…古ッ!巷にいるいる「残念オバ化女子」2015冬編

※ 前髪かきあげたら…ギョッ!最初が肝心「30代からの正しい白髪ケア」

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 結婚してからじゃ手遅れ!彼に「借金があるか確かめる方法」3つ

※ もう大絶賛の嵐!ホムパで鉄板ウケする「簡単フレンチレシピ」2つ

 

【画像】

※ Kiselev Andrey Valerevich / Shutterstock