冬でもホラね…髪に潤い!「枝毛・切れ毛を作らない」私の美髪テク3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は外気も乾燥していますが、室内にいてもエアコンなどの暖房器具により、湿度が低く乾燥することが多くあります。「この季節、一番気になるのはお肌へのダメージ」と答える方が多いかもしれませんが、実は、髪にもかなりダメージを与えやすい季節なのです。

そこで今回は、3年ほどロングヘアをキープしてる筆者が、枝毛・切れ毛等を防ぐために行っている“美髪キープ術”をご紹介します。

 

■1:タオルドライは“押さえるように”!

洗髪後のタオルドライは、ついゴシゴシと拭いてしまいがち。しかしそれでは摩擦を与え、髪はダメージを受けてしまいます。

だいたい5ブロックくらいに分けた毛束を、乾いたタオルで1束ずつ包み込み、根元から毛先に向かってギュッと押さえていきます。タオルが濡れてきたら、新しく乾いたタオルに交換して、再び行ってください。

 

■2:ドライヤーの乾き率は……“9.5割”で!

冬の時期は特に、「髪が濡れていると風邪を引いてしまう原因になるから」と、しっかりドライヤーをかけるかと思います。でも、ドライヤーのかけ過ぎは髪にとってNG。

上記でお伝えしたようなタオルドライを行うと、毛先から水滴がしたたるようなことはないはず。なので、ドライヤーは地肌を乾かすようなイメージで、内側を乾かしていきましょう。ドライヤーの前に、筆者はオイルトリートメントを塗布してから、ブラシでとかしています。

「内側は乾いたな」と感じるのに毛先がまだ濡れていたら、キューティクルの流れに沿って、上(頭皮の方)から下(毛先の方)に向かって、ドライヤーの風を送ってください。少しだけ湿っているような、9.5割くらい乾いた状態でドライヤーをかけ終えるのがベストです。

 

■3:静電気防止には……トリートメントウォーターを

冬は静電気にも悩まされますよね。静電気は枝毛や切れ毛の原因になるので要注意! 日中ブラッシングをするとき、筆者は、ミスト状に吹きかけられるトリートメントウォーターをかけてから、ブラッシングしています。

これで静電気を抑えられるだけでなく髪のケアにもなります。一石二鳥でオススメのテクです。

 

他にも、洗い流すタイプの集中トリートメントで保湿させることも、もちろん有効です。髪を伸ばしたくても、ダメージが気になって切るしかなかった……という方も、ぜひこの方法を取り入れて、キレイなロングヘアを目指してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 100均グッズがスゴイ!驚くほど「髪が早く乾く」冬のドライヤーテク3つ

※ 勘違いしてる人多数!「髪を濡らして即シャンプー」がNGな理由

※ 美容師は絶対ススメない!「みるみる枝毛が増える」ダメ行動3つ

※ 一石三鳥!プロが教える「ドライヤー時間を最短にする」乾かし方

※ 三つ編みだから…ほら簡単!ニット帽もキマる「編み込み風アレンジ」

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 5日間でおデブ体質に!? 摂り過ぎで基礎代謝ダダ下がりになる栄養とは

※ もう大絶賛の嵐!ホムパで鉄板ウケする「簡単フレンチレシピ」2つ