女のヒミツ作業!「顔のうぶ毛剃り」をしないとヤバいデメリット4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは顔のうぶ毛を処理していますか? うぶ毛が少ない人や、現在肌にお悩みがない人は無理に処理する必要はありませんが、乾燥肌やメイク崩れに悩む人は、ひょっとすると、うぶ毛が原因のひとつになっている可能性が……。

そこで今回は、エステ講師の経験を持つ筆者が、顔のうぶ毛を放置することで起こるデメリットを4つご紹介します。

 

■乾燥やニキビも……!うぶ毛放置で起こるデメリット4つ

(1)肌が乾燥しやすくなる

うぶ毛が多い人は、肌が乾燥しやすい傾向にあります。うぶ毛は肌表面の皮脂を吸収するため、うぶ毛が多い人ほど肌が乾燥しやすくなります。また、うぶ毛が肌表面を覆っていることで、化粧水や美容液等の浸透を妨げることもあります。

(2)ニキビ・吹き出物ができやすくなる

肌表面の余分な皮脂や汚れはうぶ毛に絡みやすく、ときに毛穴をつまらせて、ニキビや吹き出物の原因になることもあります。

(3)顔色がくすんで見える

うぶ毛のように細いと色が分かりづらいですが、毛はもともと黒い色をしています。たくさんのうぶ毛が顔を覆っているということは、薄いヴェールで顔を包まれているようなもの。顔がワントーンくすんで見えてしまうことも。

(4)ファンデーションのノリが悪くなる

うぶ毛がたくさんあると、ファンデーションの密着度合が弱まります。そのため、ファンデーションのノリが悪かったり、メイクしても崩れやすくなったりしてしまいます。

このように、うぶ毛が多い人は、放置することでこのようなデメリットを引き起こしやすくなるため、定期的に処理するとよいです。

 

■うぶ毛処理の注意点

(1)頻繁な処理はNG!処理は3週間に一度を目安に

うぶ毛を剃ると顔がワントーン明るくなり、メイクのりもよくなることから、つい頻繁に剃りたくなりますが、処理のし過ぎは逆にNG。肌表面の必要な角質まで剃り落としてしまうことも。3~4週間に一度を目安に行ってくださいね。

(2)顔用の電動シェーバーがおすすめ

顔への負担を少なくし、肌を傷つけることなく行うには、断然顔用の電動シェーバーがおすすめです。通常の顔用カミソリを使用する場合は、顔剃り用のクリームを使用し、同じ場所は2度剃らないように注意を払いながら行うとよいです。

(3)生理前や肌荒れをしているときは避ける

生理前はホルモンバランスの影響で肌が荒れやすいので、生理後に行うとよいです。また、ニキビや吹き出物をはじめ、肌荒れをしているときは行わず、肌状態が落ち着くまで待ってから行うとよいです。

(4)処理後はしっかり保湿!日焼け止めも忘れずに

うぶ毛処理後は、しっかりと保湿することが大切です。また、日焼け止めや日焼け止め効果が期待できるメイク下地は一年中使用したいところですが、うぶ毛を処理したときは、特に冬でも紫外線対策をしっかりしてくださいね。

 

これらを参考に、うぶ毛処理でワントーン明るいツヤ肌を目指してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

いつもの化粧水が「グングン肌に浸透」!潤いの差が出る神テク4つ

アァ悲劇!昼には「ほうれい線がくっきり目立つ」朝メイクの過ち3つ

美容成分…ぐんぐん浸透!話題の「乳液ピーリング」で保湿&角質ケア

1日何度もしてた!「唇が荒れやすい人」が無意識でしてるコト6つ

※ 毎朝1分で…キュッと小顔!みるみる「むくみ解消」リンパマッサージ

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ ゴボウより効果大!? 便秘には女子が大好きなあのオヤツがいいらしい

※ 「106万円の壁を超える」と7千億円効果!? 誰が得するパートの壁