ほうれい線も神技で!「イベント期の老け顔を救う」−5歳スキンケア3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かと忙しい師走も過ぎ去り、疲れがドッと出始める年明け。自分の顔に刻まれた目の下のクマやほうれい線の深さに、「急に老けた気がする」と、驚いた方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、毎日のスキンケアをひと工夫して、“老け要因”を改善する方法をご紹介していきたいと思います。

 

■1:クマはオイルとスプーンでケア

疲れてできるクマは、目元周辺にある毛細血管の血流が滞ったことによる“青クマ”。目の周辺をマッサージして改善しましょう。

ここで役立つのが、アイオイルとスプーン。オイルを下まぶたに塗ったら、スプーンの裏側が優しく肌に触れるくらいの力加減で、目尻~目頭に向けてマッサージをしてください。

 

■2:ほうれい線は変顔でクリームを塗りこむ

ほうれい線にクリームを塗るのは効果的です。しかし、シワの表面だけにクリームを塗っていても期待するような効果は得られません。

頬に空気を入れてプクッと膨らませた状態でクリームを塗り込みましょう。

 

■3:開いた毛穴にもスプーン

乾燥して開いた毛穴には、化粧水をしっかりと入れ込むことと、毛穴を引き締めることが必要になってきます。

まず、化粧水をたっぷりと染み込ませたコットンを毛穴が気になる部分にのせます。そして、大きめのスプーンの裏側を使って、コットンの上を軽く叩きましょう。スプーンのひんやりとした刺激と物理的刺激によって、毛穴が引き締まります。

 

年末年始を楽しみすぎて疲れ顔という方は、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

美容成分…ぐんぐん浸透!話題の「乳液ピーリング」で保湿&角質ケア

月9の石原さとみが…また変わった!「デキるモテ女の眉」描き方教えます

スマホの「疲れ目」に…朝晩30秒!驚くほどスッキリするアイケア術

メイク前に3カ所押すだけ!「腫れた目元&むくみ」すっきり解消テク

※ 手触り最悪…「お尻のニキビ&ザラザラ」を防ぐ美尻バスタイムケア

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 誰でも美人に!? ミランダ・カーも実践「バレエ・エクサ」でスタイルUP

※ おデブホルモンだだ漏れ!? 脂肪がドンドンつく「太りやすい性格」を発見