一気食いorチョコチョコ食い…「ニキビ」に直結するスイーツの食べ方は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘いものを食べた後、ニキビができてしまうという方は多いですよね。なかには、「食べたものが悪かったのかな?」と、後悔する方もいますが、実はそうではなく、“食べ方が悪かった”というケースも。

そこで今回は、ニキビが出来やすくなるスイーツの食べ方について、ビューティーフードアドバイザーの筆者がお話していきたいと思います。

 

■ニキビが出来やすくなるのは……一気食いorチョコチョコ食いどっち?

私たちの体は、食事をすると血糖値が上がります。特に、甘いものを一気食いすると、血糖値は急上昇。そして、それを下げるためにインスリンが分泌され、男性ホルモンの分泌量も増加。その結果、皮脂の分泌量も増えて、ニキビが出来たり、毛穴が開いたりします。

これはつまり、甘いものの一気食いは、ニキビが出来るリスクが高まるということです。甘いものは、数回に分けて少しずつ食べると良いでしょう。

ですが、ここで気を付けたいのが、食べるタイミング。「数回に分けるならいつ食べても良い」というわけではありません。次に、甘いものを食べないほうが良い時間帯をご紹介します。

 

■甘いものを食べないほうが良い時間帯2つ

(1)22時~深夜2時

22時~深夜2時の時間帯は、体内に脂肪を蓄えるのを助ける性質をもつ“BMAL1”というタンパク質の一種の数が増えます。反対に、BMAL1の数が少ない時間帯は、14時~15時。「ダイエットも気になる」という方は、この時間帯に数回に分けて食べると良いでしょう。

(2)空腹時

空腹時は低血糖状態。この状態で甘いものを食べると、血糖値が急上昇してしまいます。甘いものは、食後や空腹時以外に食べるようにしたいものです。

 

「甘いものを食べるとニキビが出来る」という方は、食べ方や食べるタイミングにも気を付けてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ニキビや生理不順の原因に!「ホルモンバランスを乱す」NG習慣4つ

小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選

「生理前ニキビの予防」は14日前からが正解!毎月の肌荒れよサラバ~

あるある!気分ダダ下がり「旅ニキビ」を絶対作らない秘策4つ

※ 美容成分…ぐんぐん浸透!話題の「乳液ピーリング」で保湿&角質ケア

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ こんな女はムリ!高収入男性が「絶対に音信不通にする」女性の特徴

※ ヤバッ…お宅ももしかして?「夫婦関係を破滅に追い込む」何気ないNG習慣3つ

 

【画像】

※ Malivan_Iuliia / Shutterstock