そのメイクも服も…古ッ!巷にいるいる「残念オバ化女子」2015冬編

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は美しく歳を重ねたいもの。でも、洋服、髪型やメイクに代わり映えがないと少しずつ時代遅れに見え、必要以上に老けた印象を与えてしまいます。

そこで今回は、美容・ファッションライターである筆者が2015年を振り返り、今年“イタかった”ファッション・メイク・ヘアを一気にお届け。今年中に古臭くなっていないか、改めてチェックしていきましょう。

 

■1:ファッション編

今年の冬は暖冬と言われていますが、これから寒さが厳しくなり、2月ぐらいまでダウンコートは必要かも? これからダウンを購入する方はぜひ、過去記事「見た目年齢…10歳アップ!OVER35は避けるべき“ダウンコート”4種」を参考にして下さい。

着るとオバサン臭くなっちゃうダウンの特徴は、以下のとおり。

(1)オーバーサイズ

肌着とシャツを着て体にぴったりするサイズが理想的。そのためにはインナーを着込まなくても暖かい、高品質なダウンをゲットしましょう。

(2)テカテカ素材

表面の生地がテカテカ光っているダウンは、ちょっと古臭いのでご注意を。

(3)ピンクベージュカラー

ベージュカラーは老けて見え、パステルカラーは子供っぽく見えるので気をつけて。

(4)ディテール

フリルやリボンがついているものは、アラフォーには野暮ったくなる恐れが……。

今年は、マットな素材のアウトドアブランドのダウンコートがかっこいいですよ!

 

■2:メイク編

メイクは毎日するものだから、ついついルーチン化して新しいメイクにトライするのが億劫になってきますよね。メイクにも流行があり、古臭いメイクをしているとオバサンっぽい印象になってしまいます。

過去記事「そのメイク…古ッ!“10年前と化粧が同じ人”が急激に垢抜ける方法」を以下にまとめてみました。

(1)流行でも骨格にあっていない眉

太眉が流行った2015年でしたが、“眉骨”にあわないところへ眉毛を描いてしまったら、旬な眉毛の形でも不自然に。“眉骨”と“眉頭”の位置に気をつけて。眉頭は目頭から1~2ミリ程度内側から始まるようにしましょう。

(2)丸いチーク

若いうちは頬の高いところへポンポンと丸く入れるチークがかわいいのですが、加齢で頬が下がってきた人には逆効果。大人女子は、笑って頬が一番高いところから耳の付け根の辺りまでにチークを楕円形に入れましょう。

(3)のっぺりファンデ

ファンデーションをフェイスラインぎりぎりまで塗りこんでしまうと、のっぺりと平らな顔に。顔の中心から外側へぼかすように塗ると立体的になりますよ。

 

■3:髪型編

今年は石原さとみ風ダークカラーのヘアが大人気でしたね。しかし過去記事「アレッ…石原さとみのはずが!ナゼか“あか抜けない黒髪”残念4種」では、NGな黒髪の特徴をご紹介しています。

(1)レイヤー入れすぎ

レイヤーを入れすぎると髪の艶が失われ、老け髪に見られることも。

(2)まるで面接ヘア

きっちり結びすぎたりすると昔風な印象に。

(3)センターパーツやワンレン

エフォートレスヘアが旬ですよ! 無造作にゆるくしましょう。

(4)真っ黒ヘア

石原さとみも水原希子も黒髪に見えて、実はダークブラウン。真っ黒はちょっと重すぎかも。

 

2015年の“イタ女”振り返りをお届けしました。古臭いメイク、ファッション、あか抜けない髪型に気をつけて、2016年もオシャレ大人女子を目指しましょうね!

 

【関連記事】

そのロングコート…古ッ!「10年前のアウター」が急激に垢抜ける4テク

※ えっ…乳首が臭うチチガって? 「最強悪臭パーツ」冬の落とし穴3つ

戸田恵梨香バングスに絶賛の嵐!「大人可愛い前髪」絶妙ラインは…

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップケア

 

【姉妹サイト】

※ 覚えておきたい!かどをたてずに「No」を伝える英語のあいづち3つ

※ 平子理沙も破局!? 「離婚秒読み」に入った夫婦に出る限界サイン3つ

 

【画像】

※ Yuliya Yafimik / Shutterstock