前髪かきあげたら…ギョッ!最初が肝心「30代からの正しい白髪ケア」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は身体が冷え、白髪が目立つ時期。東洋医学では、女性が42歳、男性が48歳から髪が白くなるとされています。若くても白髪は生えますが、この年齢よりも早く白髪が目立つのならば、生活に何か原因があってのことかもしれません。

もし、白髪を見つけたら……。「これ以上増やしたくない!」と誰でも思うでしょう。

今回は、白髪を増やさないための正しいケアについてお伝えしていきます。

 

■白髪の原因は?

白髪は毛を黒く見せるメラニン色素が、さまざまな原因で供給されなくなることで発生します。ただ、その根本的な原因はよくわかっていません。

よく有害なミネラルが溜まっていないか検査する時に毛髪を用いますが、これは髪をみれば数ヶ月分の生活が分かるからなのです。

ですから、もし白髪を発見したら、3ヶ月程さかのぼって、食生活や、胃腸炎にならなかったか、徹夜していなかったか、メンタル的なダメージはなかったか、など振り返ってみることをおすすめします。

これらが、老化以外の白髪を生み出す大きな原因になっている可能性があります。

 

■白髪予防は早めの対策がカギ!4つの心得

白髪は予防することが一番大事。特に30歳を過ぎたら白髪対策のためには、以下のことに気をつけていきましょう。

(1)血流を促す

髪の毛に栄養を行き渡らせるために、血流の滞りをスムーズにすることが大切。頭皮のマッサージやツボ押しだけでなく、全身の血流を停滞させない生活がポイントです。運動をしたり、入浴したり、身体の体温を上げ、冬場は冷えない身体づくりを。

(2)栄養を摂る

「○○は髪によいから」と特定の栄養分だけを過剰摂取する必要はありませんが、ダイエットから栄養不足に陥ることで髪が弱り、白髪の原因になることはよく知られています。抗酸化成分、ビタミン類を含む食事をし、酵素を消費するアルコールやトランス脂肪酸の多い食品、添加物の多い食品、甘い物などに気をつけましょう。

(3)心と身体を満たす

ストレス、寝不足、疲労、働きすぎとは縁を切りましょう。年齢を重ねると身体の新陳代謝は自然と弱まっていきますから、無理のある生活を続けると、人より早く若白髪を引き起こしてしまいます。

(4)紫外線対策を怠らない

頭皮の健康を守るためには紫外線対策から。冬場でも長時間、紫外線を当てないようにします。また時々分け目やヘアスタイルを変えて、頭皮ダメージをリセットするようにしましょう。

 

30代でもカラーリングやパーマのしすぎで白髪が目立つ人もいれば、50代でも白髪がなく、黒髪のロングヘアを保っている人もいます。遺伝だからと諦めずに日常から白髪を防いでいきたいですね。

 

【関連記事】

※ あきらめた人から…白髪増加!「メラノサイトを守る」習慣改善7策

※ 縦巻きでは時代遅れ!美容師が教える今風に見せる巻きヘアのコツ

※ 100均グッズがスゴイ!驚くほど「髪が早く乾く」冬のドライヤーテク3つ

※ エッそんなに不評?「真っ赤なリップvs.盛りアイメイク」男性500人の本音

※ 男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップケア

 

【姉妹サイト】

※ 英語のキャッチボールを続けるために!「質問返しの術」でのりきるコツ

※ 恋愛氷河期を解決!冷たくなった彼の「心を取り戻す」効果的な方法

 

【画像】

※ Serg Zastavkin / Shutterstock