えっ…キレイになれる「お寿司」って?年始に女が食べるべきネタ4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一年のはじまり“お正月”。おめでたいからと、豪華な料理を食べる機会も増えるでしょう。なかでもポピュラーなのが、お寿司。みなさんは、お寿司といったら何を食べますか? また、せっかく食べるのなら、キレイに健康になれるネタを選びたいと思いませんか?

今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、キレイになれちゃうお寿司のネタを4つご紹介していきたいと思います。

 

■1:いくら

いくらの小さな粒々には、皮膚や粘膜の健康を維持するビタミンA、疲労回復、ニキビ・口内炎の予防に役立つビタミンB群、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去するビタミンE、目の疲労回復に役立つアスタキサンチン酸、DHA・EPAが含まれます。

 

■2:サーモン

サーモンに含まれる代表的な栄養素といえば、アスタキサンチン酸です。アスタキサンチン酸は、老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を除去。代表的な抗酸化成分・ビタミンEと比べると、約1,000倍もの抗酸化作用を有します。

シミやシワ、たるみが気になる方にオススメです。

 

■3:卵

卵は“完全栄養食”といわれるほど、栄養バランスに優れた食べ物。私たちの体にとって必要不可欠な必須アミノ酸がバランス良く含まれています。脳の活性化や肝機能の強化、免疫力UP、美肌作りにも役立つスーパー食材です。

 

■4:まぐろ

赤身のまぐろは高タンパク、低脂肪、低カロリーとダイエット中でも安心して食べることができるのが魅力。イライラやむくみ、頭痛、腹痛といった月経前症候群(PMS)の症状を軽減させるビタミンB6も含むことから、“女性の味方”だといっても過言ではないでしょう。

 

迷ったら積極的に上記4つを選んで! お寿司を食べるときの参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

赤い宝石「いくら」は…栄養と美容成分的にも宝石級だった!

神が与えた食物!? 一日一粒で「痩せ体質になる」とっておきの果物

普段の食事を置き換えるだけ!自然と痩せ体質「低GI値食材」リスト

※ 知ればもう…「みかんの白い筋」捨てられない!嬉しい超絶パワー4つ

※ 「食べても痩せ子」の秘密はコレ!ツラさゼロの最強ダイエット特集

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 彼の発言にドキ!男に言われると「好印象を抱くフェチ」1位はアソコ

※ 美容整形の恐い真実…美しく変身しても「幸せを感じられない人」も!?

 

【画像】

※ HLPhoto / Shutterstock