【美容家は見た!】あのおニャン子も…「まるで20代な40代有名人」BEST3

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやブログを見ると、一般人であっても年齢の見当もつかないレベルの美女たちが溢れている昨今。修正アプリを使えば、一瞬にして美肌も小顔も思いのままに手に入る時代です。

しかし、実物と会ってみたらあまりの違いに驚愕……というケースは避けたいもの。

そこで今回は、美容家である筆者が、番組で共演したり、間近で拝見した中でも“40代なのに20代と見間違うほど、加工アプリ要らずの有名人”3人と、その秘密をご紹介します。

 

■1:眩しすぎる!永遠のおニャン子アイドル

1980年代、秋元康氏プロデュースのもと一斉風靡したアイドルグループ・おニャン子クラブのメンバーで、女優としてもご活躍中の国生さゆりさん。先日6時間に渡る美容番組での収録でご一緒した際、終始間近で拝見していましたが、その表情や肌質からは全盛期を思わせる美しさとオーラが放たれていました。

“キレイなお姉さん”的なイメージの強い国生さんですが、最近では“しっかりした振る舞い”よりも、少しふざけてみる方向にシフトチェンジしたそう。その結果、さらにチャーミングな印象が加わり、「こんな大人になりたい」と思わせてくれる素敵さがありました。自由に生きることでストレスからも解放され、ひいては生き生きとした美しさに繋がるのかもしれません。

 

■2:リアル“国民的美魔女”は本当に美しかった!

『美ST』が主催している『国民的美魔女コンテスト』でグランプリを受賞したこともある山田佳子さん。アラフィフ世代でありながら、20代の美しさを持つ女性としても有名です。

実際にとある撮影で、筆者が美容家として山田さんの肌年齢チェックをさせて頂く機会がありましたが、その結果に驚愕! なんと、実年齢より3分の1ほども若い肌年齢が表示されたのです。

筆者は先生役で肌チェックをさせて頂いているにも関わらず、その後は怖くて自分の肌年齢チェックができませんでした。そんな山田さんはインナービューティーの基本として、毎日小まめなコラーゲン摂取を心がけているのだそうです。

 

■3:美を生み出すスペシャリストはやっぱり美肌!

午後の情報番組でもレギュラーコーナーを持つ、ビューティークリエイター・TAKAKOさん。明るい人柄と秀逸のメイクテクニックで、芸能界や財界など世界中に多くのファンを抱えています。TAKAKOさんはプライベートでお会いしても、いつ見てもお肌が弾けるようにプルプルで、笑顔も輝いています。

その根本となる考え方が、「セルフイメージを高く持つ」ことなのだとか。もっと自分はこうなれる、ここまでいけると思えば結果も伴ってくるということ。これは美容に限らず、生き様そのものにも言えることでしょう。

 

こうして見ると、単に肌の美しさだけを追及しているわけではなく、すべての行動や考え方が、結果的に美肌に反映されているのだと言えそうです。奥が深い話になりましたが、ご紹介した3人の方のように、40代は“魅力的な生き方と美しさが両立できる女性”を目指したいですね。

 

【関連記事】

【美容家は見た!】修正ナシ確定「実物が超絶キレイだった芸能人」TOP3

お泊まり翌朝…天国から地獄へ!「男が一瞬で興ざめ」女のNG行為3つ

※ 手触りトゥルトゥル!「サロン帰りの美髪」を自宅で再現する方法3つ

アァ悲劇!昼には「ほうれい線がくっきり目立つ」朝メイクの過ち3つ

※ 5つの不幸言葉にさげまん行動…「いつも幸せに嫌われる女」確認項目

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 3位ITと流通、2位はコンサル!「異業種間の転職が多い」意外な1位は

※ 世界歴代記録!羽生結弦に学ぶ「成功をつかむ強いメンタル」育成法

 

【画像】

※ Zoom Team / Shutterstock