知ればお風呂で熱唱しちゃう!「バスタイム」体と心にイイ楽しみ方3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入浴は体を洗うためだけでなく、心を落ち着かせるリラックスや、オンオフを切り替えるリフレッシュの目的もあります。しかし、寒空の下、体を温めようと長湯を試みても、手持ち無沙汰で早々に上がりたくなってしまいますよね。

そこで今回は、入浴時間を楽しくするための方法を、500人の女性へのアンケート結果をもとに、ナイトケアアドバイザーでもある筆者がご紹介します。

 

■1:読書は消しゴムを上手に使って

『美レンジャー』が20~40代女性500人を対象に、入浴中の過ごし方についての調査を実施(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノートマガジン』)。その結果3位は、読書という結果でした。

しかし、湯船につかりながら読書をしたくても、本が湿気で濡れるため大切な本を浴室に持ち込むことに抵抗のある方も多いはず。そんなときは、濡れても大丈夫な食品保存用の袋に本と消しゴムを入れて浴室に持ち込んでみるのはいかがでしょうか。

練習が必要ですが、消しゴムの摩擦を利用してページめくりをすることが可能です。また、指サック付きのブックカバーなどを購入するのもよいでしょう。

 

■2:TVや携帯は防水&ブルーライトカット眼鏡と一緒に

TVや携帯電話を利用する方も多いようです。しかし就寝前の入浴時にブルーライトを発するものを見ることで、眠りを促すメラトニンの分泌を妨げ、覚醒してしまう可能性も。

そんなときはブルーライトカット眼鏡が便利ですが、浴室のくもり防止のために、防水加工も付加された眼鏡を用いると良いでしょう。照度を落とすこともお忘れなく。

 

■3:歌を歌う

浴室で歌を歌うと声が響いて気持ちがよく、リフレッシュできます。しかしそれだけではなく、大きな声で歌うことで息継ぎのときに大きく酸素を吸うことができます。

毎日寒いと体を小さく縮める姿勢になり、肋骨が広がらず、呼吸が浅くなることが多くなります。バスタイムにゆったり歌うことで大胸筋を伸ばし、肋骨を広げましょう。酸素供給が多くなるので、よりリラックスすることができます。

 

お風呂が気持ちいい季節ですから、皆さんもご自身の美や健康の一助になる過ごし方をぜひ探してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ いつもの湯船が「究極の美容空間」に!むくみも解消…お得な入浴術

※ みんな意外と知らない!美容室が「リンスを使わない」本当の理由

靴下は履くor履かない?「快眠のための体温調節」睡眠のプロが教えます

何度のお湯に何分入ってる?快眠にストレス解消…「目的別入浴法」4種

ただ入るだけじゃ大損!冷えに風邪…「本気で迎え撃つ人の入浴法」3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 今年感動したスポーツは?羽生結弦のGPファイナルより胸熱な1位は

※ 逆にチャンス!? ひとり暮らし7割が「クリスマスはひとりぼっち」と判明

 

【参考】

※ ボイスノートマガジン – クリエイティブジャパン