うゎ…やってた!ほぼ毎年「冬太りする人」に当てはまるNG習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は、体重が増加したり、ボディラインが崩れたりしやすい季節。「毎年、冬太りに悩まされる」という方も多いのでは?

では、冬太りはどうして起こるのでしょうか。下記の項目に心当たりがある方は、冬太りの危険大です。早速チェックしていきましょう。

 

■1:暖房を効かせすぎる

寒い季節、私たちの体は体温を維持しようとカロリーを燃やして熱を作り出します。これが、基礎代謝が高い状態。つまり、何もしていないときでも痩せやすい状態です。

しかし、暖房が効いた暖かい部屋にいると、基礎代謝はさほど上がりません。また、眠くなったり、ついゴロゴロ・ダラダラしたりして、運動不足を加速させます。

あえて、暖房を弱めてみてはいかがでしょうか。

 

■2:食べすぎが習慣化する

イベントが続いたり、暖かい室内でダラダラ食いをしたりすると、つい食べすぎてしまいあっという間にカロリーオーバー。ただでさえ運動量が減る冬は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れやすいので、食べすぎが習慣化しないように気を引き締めて過ごしましょう。

食事は、食物繊維から摂り、揚げるより蒸す・茹でるなどの調理をしているものを選ぶとよいでしょう。

 

■3:ダボっとした服を着て油断する

冬のファッションは、ボディラインが出ないものが多いため、二の腕がプヨプヨしていたり、お腹の肉がパンツに乗っていたりしても隠れてしまいます。くわえて、スカートファッションに欠かせない黒タイツには引き締め効果があるため、普段よりも脚が細く見えて、つい油断しがち。

鏡で全身をチェックする習慣をつけて、スタイル維持に役立てましょう。

 

以上、冬太りしやすい方がやりがちなNG習慣をお伝えしました。春先に、「こんなに太っちゃって、どうしよう……」なんてことにならないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

ノンオイル女子におブス注意報!「油抜きダイエット」要注意ポイント

1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

アチャ~忘年会で暴飲暴食!全てをチャラにする「翌日ごはん」の選び方

※ スクワットvs.腹筋…「ぽっこりお腹解消」にベストなのはどっち?

※ 脚痩せに直結!「老廃物がザザーッと流れる」痩身のプロ実践3ポーズ

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 米倉涼子も後悔…「美容ドリンク」の間違った飲み方で大惨事に!?

※ ヤダ…あの2人も怪しい!? 「社内不倫カップル」の見抜き方4つ

 

【画像】

※ vgstudio / Shutterstock