4つのルール守るだけ!私の「敏感・乾燥肌」を救った体の洗い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が乾燥するこの季節、顔だけではなく体もカサカサに乾燥してしまいますよね。乾燥した肌は、ちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみを伴ったり、粉をふいたり……。それを、「冬の間は洋服で隠れているから」と放置していては、いざというとき人前に出せない状態になってしまうかも。

そんな憎き冬のカサカサ肌は、体の洗い方を見直して改善しちゃいましょう!

今回は、美容ライターの筆者の乾燥肌を救った“体の洗い方”をご紹介していきたいと思います。

 

■1:体は最後に洗う

体を洗った後にシャンプー・トリートメントをしては、せっかくキレイになった肌に洗浄成分が残ってしまい、肌荒れの原因になります。

まずはシャンプー・トリートメントを済ませ、体にぬるま湯をたっぷりとかけて、汚れを浮き上がらせましょう。

 

■2:泡立てネットでモコモコ泡を作る

体も顔と同様、モコモコの泡で優しく洗ってあげるだけで汚れが落ちます。泡立てネットやスポンジを使って、ボディソープをしっかりと泡立てましょう。

 

■3:スポンジは使わない

スポンジを使って体を洗うと、肌に細かな傷がつき、そこから潤いが逃げていってしまいます。2で作ったたっぷりの泡を手に取ったら、優しく肌をなでるようにして洗いましょう。

また、私たちの皮膚表面に存在する善玉菌の8割は、シャワーを浴びたり、湯船に浸かったりするだけで流されてしまいます。それに加えて、スポンジで体をゴシゴシ洗うと、善玉菌はほぼいなくなります。すると、臭いの原因となる悪玉菌が増殖。“洗えば洗うほど体臭が強くなる”なんてことにならないためにも、ゴシゴシ洗いはやめましょう。

 

■4:洗い流したら保湿

体を洗い終わったら、洗浄成分をしっかりと洗い流しましょう。すすぎ残しは、かゆみやニキビの原因になります。

そして、洗い流された油分を補うために、ボディミルクやクリームを素早く肌になじませてください。油分が多すぎるものはニキビを誘発するので、避けた方がよいです。

 

以上、カサカサボディを救う体の洗い方をお伝えしました。とても簡単かつシンプルな方法なので、ぜひ今晩から試してみてくださいね。

 

【関連記事】

さらなる悲劇が!みるみる「乾燥肌が悪化する」バスタイムのNG習慣4つ

※ 毎日使うからこそ危険!「プロは絶対勧めない」NGボディソープ

塗りすぎもダメ?「リップクリーム」で唇の荒れを招くNG使用法5つ

入浴前の全身シャワーはNG?乾燥が加速する「バスタイムの悪習慣」3つ

※ 叶美香さんも!命にも関わる「アナフィラキシー」知っておきたい基礎知識

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 密かにドン引き!恋人がガッカリする「残念なクリプレ」パターン3つ

※ モデル肌に!マギーが愛用する「全身つやつやオイル6種」を徹底解説

 

【画像】

※ Avesun / Shutterstock