「食べても痩せ子」の秘密はコレ!ツラさゼロの最強ダイエット特集

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さから運動量が減ったり、付き合いで飲食の機会が増えたりするため、慢性的なむくみ・体重増加の傾向にある“冬”。「ダイエットをしなくては!」と思っていても、何かと挫折しやすい季節でもあります。

ですが、“無理なく続けられるダイエット”なら、挫折せずに成功できるのではないでしょうか。

今、「そんなダイエット、あるの?」と思ったそこのあなた! ここでは、辛さゼロの最強ダイエットを3つご紹介していきたいと思います。

 

■1:おにぎりダイエット

近年、“炭水化物抜きダイエット”が流行っていますが、これには農林水産省も注意喚起をしています。また、過去記事「やっぱ毎日食べよ!ド定番“おにぎり”がダイエットに超絶いいワケ 」では、お米を食べることでのダイエット効果を下記のように伝えています。

(1)お米には、肥満の原因と考えられる糖質が含まれるが、それを代謝するビタミンB2も含んでいる。

(2)食物繊維を含んでいるので、しっかり摂れば便のかさが増し便秘解消にも役立つ。

(3)日本人は、お米を分解する唾液に含まれる酵素“アミラーゼ”を多く分泌できるため、きちんと消化し、未消化の余分な脂肪を増やさずにすむ。

ちなみに、お米のデンプンは、冷めるとレジスタントスターチという“難消化性デンプン”へと変化します。小腸では吸収されにくく、大腸まで運ばれて、そこで善玉菌増殖作用、解毒作用、脂肪燃焼作用を発揮するといわれています。さらなるダイエット効果を得たいという方は、冷めたおにぎりを食べるのもよいでしょう。

 

■2:お肉ダイエット

お肉に含まれるタンパク質は脂肪を燃焼させる筋肉を作り出し、L-カルニチンは脂肪の燃焼を促します。「ダイエット中だからお肉はちょっと……」なんて思わず、積極的に取り入れてみては?

過去記事の「“肉好きヤセ子”の秘密判明!お肉をダイエットの味方にする方法 」にもあるようなラム肉や赤身肉をチョイスするとなおよいです。

 

■3:5ファクターダイエット

「ミランダはコンブチャ…ビヨンセは?セレブが成功“噂のダイエット”4選 」の記事内で紹介している“5ファクターダイエット”は、1日の食事を5回に分けて摂るというダイエット法。

複数回に分けて食事を摂ると、空腹に対するストレスが減り、「食べたい!」という衝動にも打ち勝つことができるのだそう。加えて、1食の量を減らすことで、脂肪を蓄積するインスリンの分泌量も減少。太りにくい状態で過ごすことができます。

ただし、1回に食べる量は1日の摂取カロリー÷5、食べる時間は19時くらいまでといったルールは必要。1食の摂取カロリーが多かったり、夜遅い時間に食べたりしては、反対に太ってしまいます。

 

「これだ!」というダイエット法が見つかった方は、早速試してみてくださいね。

 

【関連記事】

飲み会シーズンも余裕!「飲んでも痩せ子」の美味しいフルーツダイエット

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 200連敗からの逆転!「あさが来た」波瑠に学ぶ夢を叶える秘策2つ

※ オトナ女子なら押さえて!アナウンサーが絶対言わない「間違った日本語」