カチコチ背中は…心のSOS!「人間関係もほぐれる」身体のゆるめ方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や人間関係で一生けん命がんばって、焦ったり、自信をなくしたり、あるいはイライラしたり……。こういう時、身体は自然と緊張して、鎧のように重く、こわばっています。

六本木でヨガ教室を主宰する『和みのヨーガ』創設者のガンダーリ松本恵子さんは、「多くの方ががんばり過ぎて無理をしているようです。がんばり過ぎると、あせりや不安を感じることが多くなります。そんな時はいつもカラダが緊張し、その緊張はだんだんとカラダの中に溜まっていきます」と話します。

『和みのヨーガ』は簡単で誰にでもできるうえに、心とカラダに絶大な効果があると、交通事故や脳梗塞のリハビリとして活用する人も多いそう。

今回は、ガンダーリ松本恵子さんの新著『すべてはあなたの心のままに からだがゆるめば心が変わる』から、簡単にできるカラダをゆるめる方法についてお伝えします。

 

■こんなことありませんか? 

カラダに緊張がたまると、以下のようなことが増えます。

・ついつい惰性で・・・良いことを行動に移せなくなる

・傷ついたり反発したり・・・心がかたくなになる

・人の好意に気付かない・・・感情的になることが増える

 

■基本の手当て

がんばり過ぎている時、特に緊張しやすいのは、肩から胸にかけてのエリア。疲れが溜まっている時、気持ちが不安定な時にも試してみて。

(1)肩甲骨のまわりを伸ばす

親指を手のひらの中に入れて、軽く握ります。こぶしが胸の前に来るように腕を曲げ、肩甲骨を広げるようにして、上半身を前に倒しましょう。グーッと肩甲骨のまわりが伸びていくのを感じたら、フゥッと力を抜きます。

(2)肩甲骨のまわりを縮める

手はそのまま、脇をしめます。今度は胸をそらして肩甲骨の周辺を縮めましょう。グーッと縮めたら、フゥッと力を抜きます。

(3)肩を回す

肩に手を当て、そのまま腕を大きく回しましょう。腕が前に来た時は肘と肘をつけるようにします。反対にも回しましょう。

 

肩や背中は、対人関係のストレスによる緊張がたまるところ。最も緊張しやすい部分で、緊張している時は猫背になりがちです。

「カラダの緊張を取り除くと、心に余裕が生まれ、素直になれる。やがて、すべての人間関係が良くなるという変化が訪れます」と松本さん。仕事の合間に、また夜寝る前に行うと、リラックスして気持ちが前向きになります。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほど「下半身が引き締まる」バレエポーズ

※ 特別なことゼロ!バッキバキ「肩こりから解放」される5つの習慣

※ 神秘!骨盤の開閉に合わせた「月リズムストレッチ」で女性ホルモン正常化

※ ムダな脂肪を寄せ付けない!「バレエストレッチ」が女性にイイ訳3つ

※ 10秒エクサで冬眠ボディを阻止!「冬に脂肪をためこまない」3秘策

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ -24歳肌を持つ有名女医が毎日やってる!美肌が育つ「ながら歯磨き」

※ 煮詰まってニャ~い?仕事中…チラッ「癒しネコのインスタ」アカウント3選

 

【参考】

ガンダーリ松本恵子(2015)『すべてはあなたの心のままに からだがゆるめば心が変わる』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

【画像】

※ Svitlana Sokolova / Shutterstock