5つの不幸言葉にさげまん行動…「いつも幸せに嫌われる女」確認項目

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年、あなたは幸せでしたか? 素敵な男性と付き合って、結婚……とハッピーを手にしている女性がいる一方で、なぜかことごとく“幸せなこと”に嫌われてしまう女性もいます。

今年は良いことに恵まれなかった方もそうでない方も、2016年に幸運を引き寄せるために、今一度自分の行動や口癖をここで振り返ってみましょう。

幸せにもなれない、男性とも上手くいかない……そんな女性になってしまわないために、何に気を付けたらよいでしょうか?

 

1:話し方をチェック

男性が「この女性と付き合いたい」と思う、まず最初のきっかけとして重要なのが、一緒に話していて楽しいかどうか。たとえ共通の話題や趣味がなかったとしても、おしゃべりが楽しいと感じられるのなら恋愛に発展する可能性はぐんと高まります。

そのためには、つまらないと思われる話し方を自分がしていないか過去記事の「気付いてないのは本人だけ!“話つまらない”と思われる人の特徴5つ」でチェックしましょう。特に女性は、話があちこち脱線しすぎたり、結論をなかなか言わず話が長くなりがちです。

 

2:口癖をチェック

男性とお付き合いをはじめ親密さが増してくると、ふとしたはずみでポロッと言ってしまう言葉に注意しましょう。「私と仕事どっちが大切なの?」をはじめ女性がつい口にしやすい言葉は、「女子は言いがちだけど…“言った瞬間男はゲンナリ!”魔の5フレーズ」でチェックを。

「スピリチュアル芸人が断言!みるみる幸せが遠のく“5つの不幸言葉”」で紹介するフレーズも、結局相手ではなく自分のことしか考えていない独りよがりの言葉ばかりです。

 

3:“いい嫁”になれるか自己診断

話し方や口癖を気を付けたとしても、女性の根本の性格や生活スタイルも見つめ直しておかなければ、男性と結婚したとしてもいつかはボロが出てしまい、いい奥さんにはなれません。

自分があげまん女性なのか、さげまん女性なのか「あなたは…あげまんorさげまん!? 7つの質問で“いい嫁度”診断」で自己診断してみましょう。

 

不運ばかりで……と嘆く女性は男性やまわりの人のせいにばかりしがちですが、幸せがやってこないのはもしかしたら自分自身に原因があるのかもしれません。ここで自分の言動を見直して、来年こそ幸運を呼び込みましょう。

 

【関連記事】

※ 男性が心底「この子だけは遠慮したい」と思う残念女子のNG特徴

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 「宝物は妻です」唐沢寿明・山口智子に学ぶ!ラブラブが続く秘訣3つ

※ 悲劇…!アラフォー独身女性が「5年後に結婚する」確率は4%と判明

 

【画像】

※ Sergey Nivens / Shutterstock