叶美香さんも!命にも関わる「アナフィラキシー」知っておきたい基礎知識

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

叶美香さんが先日緊急入院したことがニュースになりましたが、その原因はアナフィラキシーによるものでした。アナフィラキシーとはアレルギー症状の中でも急性の特に重篤なもので、生命の危険をともなう場合もあります。

誰にでも起こってもおかしくないと言われる、そんなアナフィラキシーとは一体どんなもので、万が一のときにどうやって対処したらよいでしょうか?

 

アナフィラキシーって何?

アレルゲンとなる原因物質に触れたり、食べたりしたことで、複数の臓器にアレルギー症状が急速に現れる、急性アレルギー反応をアナフィラキシーといいます。

症状が進行すると、全身にじん麻疹が広がったり、呼吸困難や腹痛、嘔吐、下痢などが見られ、特に重症な場合を「アナフィラキシーショック」と呼び、意識の低下や消失が起こることもあります。

 

アナフィラキシーの原因は?

原因となるのは、食べ物や薬物、蜂毒などがあり、数分から数十分以内に症状が現れます。子どもの場合は、アナフィラキシーの多くの原因が食べ物といわれています。

ただ叶美香さんの場合は、医師から処方された薬によるものだったと報道されており、薬でもアナフィラキシーが起こる可能性が十分あり得るとわかります。

 

どんな人に起こる?

アナフィラキシーは、誰に起こっても不思議ではないものです。成人になっても起こり得るもので、花粉や食べ物、埃などに対してアレルギーがある人なら、さらに十分注意が必要です。

 

アナフィラキシーが起きたときの対処法

もしも自分や身の回りの人がアナフィラキシーと思われる症状に陥ったら、まずは安静な状態で横になり、症状が進行しないかどうか観察しましょう。原因が食べ物と疑われる場合は、口の中にその食べ物が残っていれば取り除いたり、口をすすぎましょう。

もしも症状が進行したときや、最初から重篤な症状が現れているときには、すぐに医療機関を受診してください。

 

昔はアレルギーがなかったのに、突然アレルギー症状が発生することもあり、「自分は大丈夫」という勝手な思い込みは危険です。この機会に対処法を知って、万が一のときにあわてないようにしておきたいですね。

 

【関連記事】

※ 認知症は腸から始まる?「早老けする人」4つの自己診断で危険度チェック

※ ひどくなる前のケアが大事!「風邪のひき始め」にすべき5つの対処法

※ さらなる悲劇が!「唇の皮がむけたとき」絶対してはいけないNG4つ

※ 「サラダ油&断食」は本当に危険なのか?話題の健康法を医師が検証

※ がん化の恐れも!放置している女性多数「卵巣腫瘍」を医師が解説

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

少ない・薄い・抜けるまつ毛…「まつ毛貧毛症」解決策とは?

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 1日3回飲むだけ!おなじみの飲み物が「脳の老化を予防」すると判明

※ 離婚の危機を回避!? 夫を「家事メンにする」お互い納得の方法

 

【参考】

いざというときに備えよう!アナフィラキシーに対応するために – 独立行政法人 環境再生保全機構

 

【画像】

※ Africa Studio / Shutterstock