普段の食事を置き換えるだけ!自然と痩せ体質「低GI値食材」リスト

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会や楽しいイベントが続き、つい食べ過ぎてしまう年末。「ダイエットは来年から」という気持ちになってしまうのもわからなくありません。では、その“来年”になったらどのようなダイエットするか決めていますか? できることなら、食事制限やキツイ運動は避けたいという方が多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが、“GI値”の低い食材に置き換えるというダイエット。今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、脂肪を溜め込みにくい体を作る食材をご紹介していきたいと思います。

 

■GI値の低い食材がダイエットに良いとされる理由

“GI値(グリセミック・インデックス)”とは、血糖値の上がりやすさを数値化したもののことを言い、高い=血糖値が上がりやすいという指標になります。

血糖値が上がると、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されるのですが、なんとこのインスリンには脂肪を溜め込む性質があることがわかっています。つまり、血糖値が高くなればインスリンの分泌量も増加し、肥満へとつながるというわけなのです。

そこで覚えておきたいのが、血糖値が上がりやすい高GI値の食材と、血糖値が上がりにくい低GI値の食材。普段、高GI値の食材ばかり食べている方が、低GI値の食材に置き換えるだけで、ダイエット効果が期待できるのです。

 

■無理なく置き換え!高・低GI値食材早見表

ここでは、各食材ごとに高GI値なのか、低GI値なのかをご紹介します。

(1)ご飯類

高GI値・・・白米、もち米

低GI値・・・玄米、雑穀米

(2)麺類

高GI値・・・うどん、ラーメン、ビーフン、パスタ

低GI値・・・春雨、そば

(3)パン類

高GI値・・・食パン、フランスパン、ロールパン

低GI値・・・全粒粉パン

(4)シリアル類

高GI値・・・コーンフレーク

低GI値・・・オートミール

(5)調味料

高GI値・・・白砂糖、黒砂糖、メープルシロップ

低GI値・・・塩、醤油、味噌

 

食材を置き換えるだけなら、ツライ空腹を我慢しなくても良いので続けられそうですよね。「2016年こそはダイエットを成功させたい」と思っている方は、是非試してみてください。

ただし、上記の食材ばかりに偏るのではなく、食事はバランス良く摂ってくださいね。

 

【関連記事】

えっプリンも?ダイエット中も我慢の必要ナシ「低GIスイーツ」4選

※ 1杯の●●が効果的!ぶくぶく太りを防ぐ「たった3つの寝る前習慣」

なんとなくの知識しかないGI値が「減量に重要」な本当の理由とは

※ 脚痩せに直結!「老廃物がザザーッと流れる」痩身のプロ実践3ポーズ

※ 冬の「バッキバキ肩こり」が悪化!寒い日にやりがちなNG姿勢

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

少ない・薄い・抜けるまつ毛…「まつ毛貧毛症」解決策とは?

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 「付き合ったら重そうな女性芸能人」2位ローラ、1位は納得のあの人

まだ間に合う!グルメカップルが行くべき「年末年始の旅」トップ3県

 

【画像】

※ Contrail / Shutterstock