タバコに焼き肉…「飲み会のニオイが付いた服」帰宅後レスキュー策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘年会や新年会……。さまざまな食べ物やタバコの臭いが充満する場所で過ごすと、衣類にも臭いが付いてしまいますよね。お店を出たあとや帰宅後、「うわ、クサイ!」「明日もこのコートを着たいのに……」と肩を落としたことがある方は多いでしょう。

でも、大丈夫。臭いが付いた衣類は、自宅で簡単にケアすることができるのです。

その方法は、下記のとおり。参考にしてみてくださいね。

 

■1:消臭スプレーは“衣類が軽く湿る”まで

衣類の臭いケアで一番手っ取り早く簡単なのが、衣類用の消臭スプレーを使う方法です。しかし、なかには、「消臭スプレーでは臭いが取れない」という方も。もしかしたらそれは、スプレーする量が少ないのかも。

帰宅後、ハンガーにかけた衣類全体が軽く湿るまで消臭スプレーを吹きかけたら、風通しが良い場所に吊るしておきましょう。濡れたままクローゼットにしまうと、他の衣類に臭いがうつったり、カビが生えたりする原因になります。

 

■2:浴室に吊るす

入浴後の湿度の高い浴室に、臭いが気になる衣類を一晩吊るしておきましょう。そうすることで、浴室の湿気が衣類の臭いを吸着してくれます。

ただし、吊るしておいた衣類はそのまま着ないこと。ドライヤーの温風をあてて乾かしたり、陰干しをしたりして、湿気を取りましょう。

 

■3:スチームアイロンをあてる

スチームアイロンを衣類にあてると、臭いの分子を吹き飛ばしたり、水分に吸着させて放出したりすることができます。

「一晩中衣類を浴室に吊るす」という時間も短縮できるので、自宅にスチームアイロンがある方は試してみてください。くれぐれも、生地が傷まないように気を付けてくださいね。

 

■4:衣類を振る

臭いが強くないのであれば、衣類を脱いでパタパタと振ってみてください。これだけでも、臭いの分子が吹き飛びます。ドライヤーの温風をあてるのも効果的です。

 

また、あらかじめ消臭スプレーを衣類にかけておくと、臭いが付きにくくなります。飲み会前のひと吹きと帰宅後のアフターケアで、衣類を臭いから守りましょう。

 

【関連記事】

ニットが臭い!毎回洗う女子…実は少数「ニオイ付き衣類」ささっとホームケア

寝起きの口臭に彼がオエッ!「口が臭くなる」就寝前NG行動3つ

一度も洗ったことない人多数!雑菌の温床「スニーカー」お手入れのコツ

クサ足キツ子の季節がやってきた!座敷も余裕「ブーツで悪臭」予防ケア

※ アチャ~忘年会で暴飲暴食!全てをチャラにする「翌日ごはん」の選び方

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

少ない・薄い・抜けるまつ毛…「まつ毛貧毛症」解決策とは?

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 篠原涼子はなぜ人気?オスの本能を刺激しまくる「ギリギリエロ」テク

※ 「国際的な大事件が円高をよぶ」ワケは…!? ニュースの小さなモヤモヤ解消