意外な結果に!「ツヤvs.マット肌」調査で分かった彼好み肌の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じアイメイクや髪型をしていても、ベースメイクの仕上がり方で、与える印象は大きく変わりますよね。みなさんは、“ツヤ肌”派ですか? それとも“マット肌”派ですか?

今回、『美レンジャー』では男性500人にアンケートを実施し、“ツヤ肌”と“マット肌”、どちらが好みなのかを調査しました(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)。

デートメイクの参考にしたいその結果は、どのようになったのでしょうか?

 

■圧倒的勝利は……「ツヤ肌」!

しっとりとした大人な雰囲気のあるマット肌が好きかと思いきや、「ツヤ肌」の勝利でした! ツヤ肌が好きと回答した男性は382人(76%)と圧倒的な数です。
しかし、ツヤ肌と言ってもツヤを出しすぎてしまってはテカり肌になってしまうので、加減が難しいところ。今回は、透明感のあるツヤ肌に、上手に仕上げるメイクテクをご紹介します。

 

■テカテカしない“ツヤ肌の作り方”ポイント3つ

(1)リキッドファンデーションにオイルを混ぜる
ツヤ肌にするためには、まずはスキンケアでしっかりと保湿をすることが大事。そのうえで、リキッドファンデーションにオイルを数滴混ぜてからお肌にのせてみてください。ツヤ感がアップし、伸びも良くなるので、厚塗りを防ぐこともできます。

(2)メイク用ブラシを使う
ベースメイクを崩れにくくするために、ファンデーションのあと、おしろい(フェイスパウダー)をのせていると思いますが、その際パフやスポンジを使っている方が多いのではないでしょうか。しかし、パフやスポンジは面で抑えるため、必要以上にたくさん付いてしまいがち。そのため、ツヤ感がなくなってしまうことも……。
ツヤ肌を作るには、メイク用ブラシの使用がオススメです! メイク用ブラシで仕上げのパウダーをのせると、ブラシの毛先部分だけでふんわりとのせることができるので、透明感を残しつつ、ツヤも出すことができます。最後に温かい手のひらでハンドプレスすれば、崩れにくさも増しますよ。

(3)クリーム状のハイライトを使う
せっかくツヤ感のあるベース作りをしても、パウダーのハイライトを使って粉っぽさを出してしまうと、乾燥している印象を与えてしまうこともあります。クリーム状のハイライトを使って、しっとり感を演出しましょう。
乾燥が気になる季節ということもあり、ぷるっと透明感のあるツヤ肌に、いつも以上に男性はドキッとするのかもしれません。思わず触れたくなるような、モテ肌を目指してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 第一印象でナシ判定!「男が寄り付かない」不幸引き寄せ眉3つ

※ 朗報!巨乳は時代遅れ…人気No.1「すっぴんバスト」2つの条件

※ 「こじはるバングス」やっぱ最強!可愛さ3割増…ふんわり前髪の作り方

※ 塗りすぎもダメ?「リップクリーム」で唇の荒れを招くNG使用法5つ

※ 1分で「ボブ&ロブのハーフアップ」出来上がり!こなれ可愛いアレンジ

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

少ない・薄い・抜けるまつ毛…「まつ毛貧毛症」解決策とは?

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ ホームレスから大逆転!LiLiCoに学ぶ「人生を成功させる」3つの法則

※ こ、これは…!取引先男性の「頭髪がさみしい」ときの気遣い4つ

 

【参考】

※ ボイスノートマガジン – クリエイティブジャパン