ねぎに白菜…ハイ冷凍庫へ!「鍋の残り野菜」目からウロコの保存テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“家鍋”のシーズンがやってきました。鍋料理は、簡単に美味しく作れるし、体が温まるし、冬には欠かせませんよね。ですが、「買ってきた野菜を使いきれず、結局傷ませてしまう」という方も少なくありません。これって、とても勿体ないことですよね。

そこで今回は、料理研究家・島本美由紀さんの『もっと野菜を!生のままベジ冷凍 時短!節約!おいしくなる新常識』を参考に、鍋の残り野菜を美味しく長持ちさせる“冷凍保存法”をご紹介していきたいと思います。

 

■1:長ねぎ

長ねぎは、冷凍すると辛み成分の硫化アリルが抜けて、甘味が増すそう。凍ったまま調理できるので、炒め物やスープを作るのにオススメです。

袋のサイズに合わせて等分し、保存袋に入れたら(縦向きに入れると取り出しやすい)冷凍庫で保存しましょう。ななめ切りや小口切りにして保存袋に入れても良いです。

3~4週間を目安に食べ切りましょう。

 

■2:白菜

鍋の影の主役・白菜も冷凍保存しちゃいましょう。一口大のざく切りにして保存袋に入れれば、冷凍庫で約1ヶ月保存できます。

凍ったままスープや煮物、鍋料理に加えることができるので、便利ですよ。

 

■3:にんじん

にんじんは、冷凍すると火の通りが早くなります。凍ったまま調理可能です。

皮をむき、太めの細切りや乱切りにしたら、使う分量ずつラップで包み保存袋に入れましょう。冷凍庫での保存後は、1ヶ月以内に食べ切りましょう。

 

■4:きのこ類(しめじ・エリンギ・えのき・しいたけ・なめこ)

きのこ類は、それぞれ下記のように保存しましょう。

【しめじ・エリンギ・えのき】

根元を切ってほぐし、保存袋に入れる(エリンギは食べやすい大きさに切る)。

【しいたけ】

石づきを取り、傘と軸をまるごと保存袋に入れる。

【なめこ】

真空パックの小袋のまま冷凍する(そのまま、または箸で折り目をつけておく)。

どのきのこ類も、保存期限は約1ヶ月です。

 

これで、鍋の残り野菜を無駄にすることがなくなるのではないでしょうか。次に家鍋をするときは、残り野菜を冷凍保存してみてくださいね。

 

【関連記事】

下ゆでは…必要なし?勘違い多数「野菜の冷凍保存」新事実が続々

茹で時間は何分以内が正解?「ブロッコリー」栄養・旨味を逃さない豆知識

かぼちゃ+アレで免疫アップ!5つの野菜「効果的な食べ合わせ」一覧

※ ローラのお腹に異変!全女子共通「ボディライン維持」に必要なこと2つ

あぁヤメて!栄養の宝庫「味噌汁」を台無しにする残念な飲み方3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

女子会で盛り上がる!「自分の顔がメロディーになる」新感覚コンテンツ

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

 

【姉妹サイト】

※ 愛之助も惚れた美貌!藤原紀香が食べてる「最新若返りフード」とは

※ マンネリ通勤スタイルに喝!バーゲンで狙い撃ち「今冬旬アイテム」3選

 

【参考】

島本美由紀(2015)『もっと野菜を!生のままベジ冷凍 時短!節約!おいしくなる新常識』(小学館)