均一に…塗らないで!「ファンデの仕上がりが最悪」になる3つのNG

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツヤのある陶器のような肌に憧れる女性は多いはず。そんな理想の肌に近づくために大切なのがベースメイク。しかし、よかれと思ってやっていることが、仕上がりを台無しにしていることも……。

そこで今回は、ベースメイクの仕上がりを台無しにするNGな塗り方を3つご紹介します。

 

■1:“顔に均一に塗る”のは間違い!

「ファンデーションは顔に均一にのばしてください」という言葉を見かけたことがある人も多いかと思いますが、実はNG。顔のパーツによって塗り方を変えたほうが、仕上がりがより自然になり、メイク崩れを防ぐことができるのです。

具体的には、皮脂が出やすいTゾーンは厚く塗ると崩れやすくなるので控え目に、シミや色ムラが気になる頬は少ししっかり目にカバーするとよいです。また、目元や口元は表情が変わるたびに動くパーツで、厚く塗ると崩れやすい部分でもあるので、極力薄く塗るようにするとよいです。

■2:“仕上げのお粉を顔全体にのせる”のもNG!

リキッドタイプやクリームタイプを使用している人は、仕上げにお粉を顔にのせているかと思います。実はこのお粉の使い方が重要。多くの人は“顔全体にお粉をのせる”と思い込んでいますが、お粉は顔全体にのせる必要はありません。のせすぎるとせっかくのツヤがなくなってしまいます。

崩れやすいTゾーン、アイメイクがにじみやすい目の下を中心に、お粉を少量つけたブラシでササッとなでる程度でOKです。

■3:“生え際やフェイスラインぎりぎりまで塗り込む”のはアウト!

顔の隅々にまでファンデーションを塗り込むのもNG。生え際やフェイスラインぎりぎりまで塗り込むことで立体感が失われ、顔が大きく見えてしまいます。ファンデーションは“顔の中心のみ”にのせるほうがおすすめ。生え際やフェイスラインにはあえて塗らないことで、自然な陰影が出て、顔が一回り小さく見えます。

多くの女性がカバーしたいクマや色ムラ等のお悩みは、顔の中心部分にあることがほとんどなので、中心のみファンデーションを塗れば十分。生え際やフェイスラインは、パフに余ったものをなじませる程度でOKです。

以上、ベースメイクの仕上がりを台無しにするNGな塗り方をご紹介しました。これらを参考に、ツヤのあるナチュラル肌に仕上げてくださいね。

 

【関連記事】

アレッ…太った?顔がブクブク大きく見える「残念な眉の描き方」3例

太眉ブームだけど…残念!急増する「眉盛り過ぎ女子」のNG4つ

月9の石原さとみが…また変わった!「デキるモテ女の眉」描き方教えます

わっコレ楽しい!「余ったアイシャドウ」を捨てずに使う驚きテク3つ

あれっ…痩せた?顔面積-5%の奇跡「天然小顔メイク」ポイント3つ

 

【姉妹サイト】

※ それじゃ太るわ!ポチャ子の台所で発見したやせ子との「決定的違い」

※ 言いたいことは言う!「上司とケンカしたほうがいい」理由4つ