さらなる悲劇が!みるみる「乾燥肌が悪化する」バスタイムのNG習慣4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の乾燥が気になる季節の到来です。「カサカサしてメイクののりが悪い」「肌がかゆくてかきむしってしまう」という方も多いでしょう。そんな“ドライスキン”にお悩みのそこのあなた! 下記のような習慣に心当たりはありませんか?

今回は、ドライスキンを悪化させるバスタイムでのNG習慣についてお話していきたいと思います。

 

■1:肌をゴシゴシ洗う

ゴシゴシ洗いは、肌のバリア機能を壊してドライスキンを加速させます。

洗顔時はもちろん、体を洗うときもたっぷりと泡立てて、泡で肌をなでるように優しく洗いましょう。

 

■2:熱い湯船に浸かる

「寒いから」と、熱い湯船に浸かるのもNG。肌を守る皮脂や天然の保湿因子が奪われて、乾燥・かゆみを引き起こす原因になります。

39度くらいのぬるま湯にゆっくりと浸かるようにしましょう。

 

■3:体を洗う前に湯船に浸かる

湯船に浸かると、少なからず皮脂や天然の保湿因子が奪われます。それから体を洗うとなると、乾燥しやすくなっている肌にさらなる刺激を与えることに。

体を優しく洗ってから、湯船に浸かるようにしましょう。

 

■4:硫黄系の入浴剤を使う

硫黄系の入浴剤は、皮脂を洗い流したり、肌を乾燥しやすくしたりします。また、香料や着色料が使われている入浴剤も、ドライスキンへの刺激になります。

入浴剤は、なるべく天然成分で作られているもの、保湿成分が含まれているものを選びましょう。

 

ドライスキンでお悩みの方は、バスタイムでの習慣を改めることから対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ただ入るだけじゃ大損!冷えに風邪…「本気で迎え撃つ人の入浴法」3つ

※ スクワットvs.腹筋…「ぽっこりお腹解消」にベストなのはどっち?

何度のお湯に何分入ってる?快眠にストレス解消…「目的別入浴法」4種

入浴中20分の…彼女の秘密!「美肌痩せ子」のバスタイム習慣3つ

※ 脚痩せに直結!「老廃物がザザーッと流れる」痩身のプロ実践3ポーズ

 

【姉妹サイト】

※ 男性500名に聞いた「飲み会で色気のない女」1位はよく見るアノ行動

※ えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

 

【画像】

※ Poznyakov / Shutterstock