実はシンプル!アラサーのサプリメントアドバイザー「常備3種」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事もプライベートも充実するアラサーは、ついつい栄養が偏りがち。さらに、20歳過ぎから体内で作られる栄養素が減るなど、年齢によるマイナスも感じる時期です。

そんなときに頼りたいのが、サプリメント。でも、「美肌も気になるし、ダイエットも……」と考えると、「一体、何種類飲まなきゃいけないの?」と思うことも多いはず。

そこで今回は、サプリメントアドバイザーの資格を持つアラサーの筆者が、実際に飲んでいるサプリメントをご紹介したいと思います。

 

■アドバイザーがリアルに飲むサプリ&飲み方

サプリメントアドバイザーの筆者が常に常備しているのは、下記の3つ。なぜこの3つなのか、その理由と正しい飲み方をご紹介しましょう。

(1)スーパーフードサプリ

スーパーフードとは、一般的な食品より栄養価が高い食品のこと。ココナッツやアサイー、ゴジベリー(クコの実)などが、近年話題になっていますよね。

ビタミンやミネラルはもちろん、内側からのエイジングケアにうれしい抗酸化成分を含むものも多く、筆者はできるだけスーパーフードを料理に取り入れるようにしています。

時間がないときなど、スーパーフードを思うように食事に取り入れられなかった日には、スーパーフードサプリを飲んだり、粉末タイプのものをスープやジュースに混ぜたりして、“毎日スーパーフード習慣”を続けています。

(2)マルチビタミン・ミネラル

ビタミンとミネラルは、体の機能を正常に保つために欠かせないもの。代謝に関わるので、ダイエットや美肌のためにも、不足しないように摂りたい成分です。

もちろん、野菜や豆類、海藻、果物などから摂るのが基本ですが、外食の日、簡単なメニューで済ませてしまう日には、マルチビタミン・ミネラルサプリを活用しています。たくさん摂れば即効痩せる、美肌になるというわけではないので、摂り過ぎには注意。サプリを摂る際は、摂取目安を守ることも大事です。

(3)α-リポ酸・コエンザイムQ10・カルニチン

20代以降から体内で作られる量が減っていくのが、これらの成分。α-リポ酸とカルニチンは、細胞内のミトコンドリアに栄養を届ける役目をもち、コエンザイムQ10はエネルギー源であるATPをつくるのに欠かせません。

これらが不足すると、活性酸素が増えて老化や病気を招いたり、太りやすくなる原因に。食事から効率的に摂るのが難しいため、筆者はサプリメントで補っています。

 

サプリメントアドバイザーの筆者ですが、飲んでいるベースのサプリメントはこれだけ。みなさんも、サプリはサポート役と捉え、基本は食事から栄養を摂るように心がけてくださいね。

 

【関連記事】

※ ゴクゴク飲みすぎは…危険!実は「体に負担をかけてる」要注意飲料4つ

※ ヨーグルトも果物も!せっかくの栄養ぶち壊し「NGな食べ方」3つ

※ 江角マキコに皮膚科医が喝!朝「顔を洗うvs.洗わない」老けるのは…

※ 北川景子の食事の秘密!「1日5食以上」で体型キープな有名人が多い件

※ 頼り過ぎ…危険!「エナジードリンク」の前にできる疲労回復テク4つ

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 今年こそ彼氏ゲット!占い師が教える「恋愛運がUP」する新年の行動

※ 忙しい女性の副業として実はイイ!? 「不動産投資」の魅力3つ