【-10kg痩せた】年内に理想バディ!「カイロを貼るだけ」ダイエット

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体を温めてくれるカイロ。冬は手放せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はカイロは貼る場所を一工夫すれば、ダイエットの強い味方にもなってくれるのです。

今回は、-10kg痩せた筆者も実践する、カイロを使ったダイエット方法をご紹介します。

 

■カイロで痩せる秘密とは?

カイロなどで体が温まり体温が上がると、基礎代謝がアップします。基礎代謝がアップすると、脂肪の燃焼が促進され、血流がスムーズになることで老廃物を排出する働きが活性化します。

ただ、どこでもカイロを貼ればいいというわけではありません。カイロを貼る場所を工夫すると、効率的に代謝をアップさせることができ、ダイエット効果が期待できます。

 

■ダイエッターなら実践すべし!賢いカイロの貼り方

(1)おへその下“丹田”

お腹のへそから指4本分下の部分は、丹田(たんでん)と呼ばれ、神経が集中しているところ。体のエネルギーの中心とも言われています。ここを温めれば基礎代謝が高まり、ダイエット効果がアップするとされます。また、冷え症、生理痛などの改善にも効果が期待できます。

(2)腰の下“仙骨”

腰の下の方、お尻の割れ目が始まるあたりの骨は、仙骨(せんこつ)と呼ばれます。仙骨の周辺は脂肪が少なく、血液が温まりやすいため血の巡りを良くし、全身をぽかぽかにしてくれるといわれています。

分かりにくい場合は、お尻の割れ目の上を指で押してみましょう。そこにある固い骨が仙骨です。筆者はカイロを横向きではなく、縦に貼るようにしています。お腹周りがモコモコしてしまうのを防ぐためにも、小さめのカイロを貼ると尚良しです。

 

カイロは体が温まるだけでなく、代謝UP、ダイエットにも効果的。過去記事「寒さ対策だけじゃない!肩こり・便秘…“カイロで緩和”症状7つ」もぜひ参考に、活用してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【-10kg痩せた】朝2つの問いかけで…「リバウンドしない私」になった!

認知症は腸から始まる?「早老けする人」4つの自己診断で危険度チェック

※ 1日10秒!運動嫌いでもラクラク「お腹&太もも」ストンと痩せエクサ

※ アフターファイブも…うふふっ!モテ子が断然「ブラック」で攻めるワケ

 

【姉妹サイト】

※ とっとと逃げよ…高収入男性が「絶対恋人にしたくない」女性の特徴4つ

※ マイナンバー通知カードが届いたけれど…「個人番号カード」は必要?