極太足を簡単ストレッチで確実に細く!プロが明かす「もも痩せ」裏メニュー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽよっとした前ももを見るとつい気になって、つまんだり揉んだり叩いたり……していませんか? 確かにマッサージなどの刺激でむくみが流れると一時的に細くなります。しかし、もっと下にある筋肉や脂肪は、ちょこっと刺激しただけで劇的な変化が起こるとは考えにくいです。

そこで今回は、瘦身サロンで5,000件以上の施術を経験してきた筆者が、太ももを本当に細くしたい人だけにお伝えしている方法をご紹介したいと思います。

 

■前ももが太い原因は意外なところにアリ!?

鏡の前に立つと、目につきやすいのが前ももですよね。筆者が経営する瘦身サロンでも「前ももを何とかしたい……」という方が半数以上です。

しかし、前ももが気になる人こそ、まずは“裏もも”をケアすることが大事なのです。その理由は、裏ももが固くなっていて使えていないことに主な原因があるため。裏ももをほぐしてケアすることが、前ももを細くすることにつながります。

 

■太ももの前後のバランスを整えよう!

裏ももにある大きな筋肉“ハムストリングス”が固いと、前ももに余分な力が加わって筋肉が張る原因になります。その状態が続くと、前ももの筋肉も固く太くなってしまいます。その結果、太もも全体がパーンと張ってしまうのです。

前ももの太さが気になるなら、固くなってしまっているハムストリングスをほぐすストレッチを取り入れましょう。やり方は簡単です。立った状態なら、そのまま前に手をつきます。座っている場合は、体を前に折り曲げてつま先を持ちましょう。いわゆる“前屈の状態”になります。早く効果を出すポイントは、とにかくマメにストレッチすることです。

 

はじめは固さを感じると思いますが、徐々に慣れ柔らかくなってくると、前から見た時に太ももがほっそりしてくるのを感じることでしょう。まずは裏ももをしっかりとほぐして、確実に美脚を手に入れて下さいね。

 

【関連記事】

寝ながらラクラク5分!「太ももに悲願の隙間」ができる凄エクサ

プロが警告!「腹筋運動だけでお腹は凹まない」衝撃の事実が判明

※ 【美容家は見た!】修正ナシ確定「実物が超絶キレイだった芸能人」TOP3

1日1分で歪みを正す!ドブス脚の原因「太ももの外側ポッコリ」解消法

※ 脚痩せに直結!「老廃物がザザーッと流れる」痩身のプロ実践3ポーズ

 

【姉妹サイト】

※ 阿藤快もテラハ今井洋介も…冬の「突然死」を招くキケンな入浴とは

※ アラフィフ美魔女が教える「手抜き美容」は季節の変わり目が勝負!

 

【画像】

※ Andrii Muzyka / Shutterstock