やりがち!残念な着方で「トレンドコートが一瞬でダサくなる」3実例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この冬はゆるっと羽織るガウンのような“ガウンコート”が旬。とも言われていますが、皆さんは既にお持ちでしょうか?

ガウンコートはガウチョ、ミモレ丈スカート、ワイドパンツにも合わせられる、ボトムスを選ばない優秀アウター。ささっと着るだけでエフォートレスなスタイルがきまります。ですが、着こなし方によっては、もっさりおばちゃんに見えちゃうことも。

そこで今回はファッションライターである筆者が、ガウンコートのもっさり垢抜けないNGコーデを3つお届けしたいと思います。

 

■NG1:前をとめる

寒さが厳しくなってきた今日この頃ですが、寒いからといってガウンコートの前をかっちりとめてしまうと抜け感が出ず、もっさりとした印象に。今年のガウンコートはボリュームがあるタイプなのでしめると太って見えちゃうことも。前のボタンがついていてもボタンはしめずに、できる限り前開きで行きましょう!

寒い日は肌着をぴったり重ねたり、タートルネックを着たり、ニット帽をかぶったり、首元や頭を暖かく装って。

ただしファッションのために凍えてしまってはいけません。寒い日は無理せずにダウンコートを着ましょう。

 

■NG2:ベルトをぎゅっとウエストの真ん中で結ぶ

ガウンコートの多くはベルトがついてきますが、ベルトを普通に体の真ん前できっちり結ぶのはお利口さんすぎて“こなれ”ません。

トレンチのようにベルトを後ろで結ぶのもよし、ベルトとコートの両脇のポケットにいれるのもよし、ベルトが長すぎなければ無造作に垂らしておくのもよいでしょう。

ベルトを結びたいときは、ウエストの高めの位置で横結びしましょう。蝶々結びはNGですよ。ボトムスの丈が長い場合は、ウエストの高めの位置にポイントを持ってくることで脚長効果がでます。

 

■NG3:デカバッグを肩にかける

今季のガウンコートはロングタイプやゆるっとしたドロップショルダー(肩がきっちりしたシェイプではなく、丸く落ちた形のもの)が人気です。そんな少しボリュームがあるガウンコートの場合、デカバッグのショルダーを肩からかけると、コートとバッグの面積が広くなり全体が重く見えてしまいます。

ガウンコートをゆるっと着こなすには、ミニバッグやクラッチなどバッグを軽目にするのがコツ。通勤などで大きめのバッグが必要なときは、A4サイズが入るカッチリ目でアイスブルーやベージュの淡い色をチョイスすると全体が柔らかいコート美人に。どうしてもデカバッグを持つ場合は、肩からかけずに手に持つとよいでしょう。

 

ちょっとした着こなし方でトレンドのガウンコートが一層、今風になりますよ。試してみてくださいね!

 

【関連記事】

「残念トレンチ女子」が街中に!もったいない地味すぎNGコーデ3選

ショック!後ろ姿だけで即「男性陣からお断りされる」女子の特徴

ニットが臭い!毎回洗う女子…実は少数「ニオイ付き衣類」ささっとホームケア

太眉ブームだけど…残念!急増する「眉盛り過ぎ女子」のNG4つ

※ ぷっ…バブルですか?完コピ厳禁「無念な篠原涼子になる」オトナコーデ3選

 

【姉妹サイト】

※ 体温35度台はヤバイ!ガンを招く「内臓型冷え性」カンタン改善策3つ

※ TED風も夢じゃない!「人前が苦手な人」ほどプレゼン向きなワケ

 

【画像】

※ Nejron Photo / Shutterstock