保湿クリームは「手よりブラシ」で効果アップ!米国トレンドを調査

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌が乾燥しやすく、保湿クリームが欠かせない季節となってきました。そんな中、いま米国では、スキンケアの際にあるアイテムを使うと、効果がアップすると話題に。

しかもそのアイテムは、すでにみなさんが持っているアイテム、そう、“ブラシ”です! 今回は、そんなブラシについての魅力に迫りたいと思います。

 

■保湿クリームはブラシで塗る!その効果とは?

セレブたちをはじめ、いま米国の美容界で欠かせないアイテムとなっているのがブラシ。特にいま、メイクだけでなくスキンケアでも、あらゆる場面で使えると話題になっています。

いま一番の注目は、セレブのカイリー・ジェンナーが自身のアプリで紹介した、保湿クリームを塗る際にブラシを使って肌に塗るというテク。これは、実際にプロの目から見ても、手で塗るより効果があるとのこと。

美容サイト『BYRDIE』に語ったマンハッタンの皮膚科医であるSnehal Amin 氏によると、その理由は三つ。まず手でつけることは、いつも清潔であるとはいえないこと。また、ブラシによるマッサージが血行を促進。さらにブラシの方がクリームを肌に均一につけることができるから。

肌によく浸透するために、手で温めてから塗るのが良いと考えている方も多いと思いますが、肌が温まっていれば、クリーム等を手で温めなくても浸透の効果は同じ。すすぎはぬるま湯で行い、クリームを塗る前にホットタオルなどで顔の温度を高めてから、ブラシを使って保湿をしましょう。

 

■洗顔だってブラシ使いがオススメ!

スキンケアでのブラシ使いといえば、やはり洗顔の際もブラシを使うのがセレブたちの基本。ブラシというと肌を傷つけそう、というイメージがあり、ためらいがちな方もいるかと思いますが、実際にブラシによる効果はたくさんあります。

保湿クリームの際と同じように、血行促進効果があるほか、一番の目玉は手だけでは取れない汚れもきちんと落とせること。また、毛穴の汚れが落ちるといわれているスクラブなども、実際は肌表面の汚れしか落とせません。しかしブラシなら毛穴の奥まで届くので、取れにくい汚れも落とすことができます。

さらにメイクではパウダーやファンデーションだけでなく、下地からブラシを使うのがお約束。肌への密着感が増す、ムラにならず肌に均一に綺麗につけることができる、つけ過ぎを防ぐことができるといったメリットがあり、ナチュラルな仕上がりになります。

 

■ブラシを使う時の注意点は?

いいことばかりのブラシですが、注意点も。肌触りの良いものを選ばないと、肌を傷つけてしまうことも。さらにいくら指よりブラシが清潔といっても、それはブラシをきちんと洗っている状況でのこと。定期的に洗うことはもちろん、場合によっては買い換えることも怠らずに。

 

洗顔も、ブラシによる洗顔の方が効果が期待できるように、保湿も、ブラシによる嬉しい効果がたくさんあります。クリームを使っても保湿効果がいまいちかも、と悩む方は、肌に合った優しいブラシと一緒に使ってみては?

 

【関連記事】

ぐんぐん浸透!「オイルを化粧水の前に使う」と起きるイイコトとは…

太眉ブームだけど…残念!急増する「眉盛り過ぎ女子」のNG4つ

ニベアだけじゃない!バツグンの保湿力「身近な老舗コスメ」優秀3選

※ メイク中10分の…彼女の秘密!「男ウケ断トツモテ子」の技あり化粧テク

アレ…まだカサカサ!乾燥を招く「オフィスでのNG保湿対策」5つ

 

【姉妹サイト】

※ お宅はちゃんとやってる?夫婦は「ケンカするほど仲がよくなる」ワケ

※ カチカチ肩にバキバキ背中を救え!「柔らか~いカラダ」の目指し方

 

【参考】

Wait, Should You Be Applying Moisturizer With a Brush? – BYRDIE