スルッと楽々-4kg!ホームベーカリーで「米パン」を焼くと痩せる訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グルテンフリーダイエットを続けている方はいらっしゃいますか? パン好き筆者がグルテンフリーダイエットを1ヶ月続けられた秘訣は、お米からパンを作るホームベーカリーの存在があったからこそ。

米粉を投入して米粉パンを作るホームベーカリーもありますが、ズボラ美容ライターの筆者は、炊く前の米粒からそのままパンが作れるコースがついているタイプを選びました。

グルテンフリーにこだわらずとも、ダイエッターには嬉しい自家製お米パン。今回は、ダイエッターがホームベーカリーでお米パンを焼くべき理由を2つお話したいと思います。

 

■1:食パンよりも腹もちがよい!

ふわふわとした軽い味わいの小麦粉パンと違い、お米パンはもっちりとした重いコクがあります。小麦粉パンよりもずっしりお腹にたまるので、食べる量を減らしたい方にはぴったり。

お米パンの耳は固めで、噛んでいると米の甘味が口のなかに広がり、小麦粉パンよりも満足感が得られます。トーストすればさらに外側カリッ、内側もちもちに仕上がります。

お米パンを毎日食べたい方は、夜寝る前に仕込んでおけるホームベーカリーがやはりオススメ!

 

■2:栄養満点ダイエットパン!

お米パンを作れるホームベーカリーがあると栄養満点のパンがカスタマイズできます。

(1)安心の無添加!

防腐剤などの添加物を入れていないので、小さな子供も食べられます。ただし、小麦粉のようにふんわりした感触は、お米パンにはどうしても出ないのを知っておいて下さいね。グルテンフリーにこだわらなければ、米粉にグルテンを混ぜたほうがふっくらしますよ。

(2)野菜パウダーでビタミン、ミネラル、食物繊維をプラス!

野菜嫌いの子供をもつ筆者が愛用しているのは、ほうれん草パウダー。ティースプーン1杯で、ほうれん草1株と同量なのだとか。

ホームベーカリーのレシピに水を小さじ2杯程度プラス。後は自動投入ケースにほうれん草パウダーを5g入れています。パウダーは、ブロッコリー、かぼちゃ、にんじんなど豊富な種類があるので、味や量はお好みで調整してみて。さらに、ココナッツパウダーやアーモンドパウダーを入れるとナッツの香りとコクが生まれますよ。

(3)ドライフルーツとナッツで美肌パンに!

野菜パウダー以外にも、お米パンの栄養価をアップする方法があるんです。多くのホームベーカリーにレーズンやナッツを入れる容器があるので、好きなドライフルーツやナッツを投入するだけ。

レーズンにはカルシウム、鉄分、カリウム、ビタミンB群、食物繊維などが豊富。特にダイエット中の方には、体の余分な塩分を排出するカリウムや、疲労回復効果のあるビタミンB群は必要です。

そして、アンチエイジングに必要なたんぱく質やビタミンEが摂れるナッツもパン生地に入れましょう。ドライフルーツとナッツのゴールデンコンビでお米パンが美容パンに変身するんですよ。

 

ホームベーカリーで作るお米パンのレシピはたくさん出回っているので、色々と試してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

1ヶ月で4kg減!R40ライター「グルテンフリー生活」3つの嬉しい変化とは

茹で時間は何分以内が正解?「ブロッコリー」栄養・旨味を逃さない豆知識

認知症は腸から始まる?「早老けする人」4つの自己診断で危険度チェック

※ 疲れが取れない原因!「巻き肩」改善エクサで老けた後ろ姿もスッキリ

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

 

【姉妹サイト】

※ 浪費癖とサヨナラ!諭吉さんに好かれる「支出の黄金比率」とは

※ 外すときはヒモだけ持て!風邪予防が10倍に「正しいマスクのつけ方」