押切もえのハンサム顔を再現!ぷっくり涙袋も鼻筋も…メイクでイケるっ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気モデルとしての活動だけでなく、絵画や小説の執筆など幅広くマルチな才能を開花させる押切もえさん。意思のあるカッコイイ雰囲気に憧れる女性は多数存在します。そんな押切さんのような彫が深いハンサム顔は、メイクで叶えることができるんです!

そこで今回は、筆者が実際に試してみた押切もえさん風のメイクのポイントをご紹介します。

 

■太め直線眉&ノーズラインで作るメリハリ顔

(1)アイシャドウ・アイラインは目尻をメインに

押切さん風の目元を演出するには、目尻を意識するのがポイント。まずはアイホール全体に薄いベージュやブラウンのアイシャドウを入れ、その後ブラウンやグレーで締め色を入れます。このとき目尻から1/3をメインに色をのせるのがポイントです。下まぶたも目尻から1/3を意識してアイシャドウを入れます。

アイラインは目頭から目尻まで細めに入れます。その後、目尻のみ少し太目にアイラインを描き足します。目尻の縦のラインを強調するように入れると押切さんのようなやや垂れ目が可愛い雰囲気に仕上がります。

(2)眉ペンで涙袋をプラスする

押切さんの特徴のひとつが、ぷっくらとした涙袋。アイブロウペンシルで涙袋を作ります。ブラウンのアイブロウペンシルでアイホールをなぞるように薄く線を描き、その後指やめん棒でトントンと軽く線をぼかします。これでアイホール部分に影ができます。

さらに下まつ毛の下に明るい白やアイボリーのパール系アイシャドウを細く入れると立体感が出て、ぷっくらとした涙袋が出来上がります。

(3)目との距離が近い太めの直線眉

最近の押切さんは、目との距離が近い太めの直線眉を取り入れていることが多いです。太めの直線眉はハンサムでカッコイイ雰囲気に仕上がります。また、眉は目との距離を近くすると、彫が深く濃い顔立ちに見えます。

できるだけ目に近づけ、太めの直線眉を意識すると押切さん風のカッコイイ彫深顔に近づけます。

(4)ノーズラインでスッと伸びた鼻筋を演出

押切さんといえばスッと伸びた鼻筋も特徴のひとつ。仕上げにノーズラインを入れ、スッと伸びた鼻筋を演出します。シャドウカラーや、薄いベージュに近い色のアイブロウパウダーを使用し、眉頭と鼻筋をつなげるように入れます。ややしっかり目に入れるのがポイントです。

チーク、リップは肌馴染みのよいコーラルピンクを使用し、メイクを仕上げます。これで押切もえさん風メイクの完成です。

 

目との距離が近い太眉やノーズラインは、取り入れることでメリハリのある彫深顔に近づけます。押切さん風のカッコイイ女性になりたい人は、是非試してみてくださいね!

 

【関連記事】

※ 月9の石原さとみヘアが最強可愛い!甘辛MIX「モテ子の髪型」作り方

※ 菜々緒級のズキュンな目元!自宅で「セルフまつ育」基本の3ステップ

※ 「残念ボーダー女子」が街中に!オシャレ度ダダ下がりのNGコーデ2つ

3つのポイントで!誰でも「失敗しないアイライン」が引けるテク

案外気づいてない?「メイク下手な人」がやりがちなNG行動3つ

 

【姉妹サイト】

※ 混雑嫌いな彼も…納得!今こそ「ディズニーデート」すべき理由

※ こんなはずじゃ…を阻止!結婚後「絶対いい夫になる男」の特徴4つ