もう日焼けでシミを作らない!正しいアフターケア3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海やプールや山など、夏はレジャーをする機会がぐんと増える季節。お出かけの際もきちんと紫外線ケアは行っていますか?

紫外線は強いので、「日焼け止めや日傘をしててもついつい日焼けをしてしまった」なんてことはよくあるお悩み。この時、アフターケアをきちんとすることで、肌の状態は大きく変わります。

きちんとした日焼け後のお手入れを理解し、うっかり日焼けでシミを作らないように気をつけましょう。

日焼けは皮膚が炎症している状態なので、間違ったケアをしてしまうと逆に炎症を悪化させてしまったり、お肌にシミを作ってしまいます。正しくケアをして、健康的な美肌を取り戻しましょうね!

 

1. 日焼けしたら一番に熱冷ましをしよう!

日焼けで真っ赤になってしまった場合は、とにかく赤い部分を冷やします。『知らないと老化が早まる!? うっかり日焼け後の応急処置』でもご紹介しましたが、早く熱をとって炎症を鎮めることが大事なポイントとなります。

放っておくと水ぶくれになることもあるので、ご注意を!

冷やし方は、保冷剤やビニール袋に入れた氷をタオルに包んで冷やしたり、冷たいシャワーをあてたりすることをオススメします。化粧水やクリームは肌に刺激を与えるので、敏感に赤くなっていたり痛みがある場合は、治るまで避けてください。

また、ミネラルウォーターなど水分補給をしっかり行い、内側からのケアもきちんとしましょう。

 

■2. 保湿する時は最適なタイミングで!

肌の赤みや痛みがひいてきたら、たっぷり化粧水をつけて保湿をしましょう。紫外線によりお肌の水分が奪われて乾燥しているのです。特にオススメは、アロエなど炎症を抑える成分が配合されたものや刺激の少ないものをチョイスしましょう。

美白成分をすぐに入れ込みたいと思う方は多いですが、まずは保湿!  肌が十分に落ち着いてきたら、ビタミンC配合の美白コスメや、『うっかり日焼けの「戻り」が遅い時にするべきケア方法』で紹介しているようなピーリングコスメを投入していきましょうね。

ちなみに、美白効果のあるフェイスパックを冷蔵庫に入れておいておくと手軽な上、冷たさで沈静効果もあるのでオススメです。

 

■3. シミ防止のため絶対に皮はむいてはダメ!

日焼けの状態がひどい時は、皮膚の皮がポロポロとむけてきますよね。この皮、ついついむきたくなるものですが、絶対にNGです!

これ、肌を傷つけてしまうので、炎症の元になります。そして日焼けをするとシミになることもあるので、必ず日焼け止めを塗り、日傘をしたり紫外線を極力浴びないように努力してくださいね!

 

また日焼け後は、体力が落ちて免疫力も低下しているので、質の良い睡眠をとったり、抗酸化作用のあるシミやシワを防ぐビタミンAなど積極的に摂取しましょう。

詳しくは、『これで美肌をキープ!シミができない肌にする方法まとめ』を参考にして、シミができないアフターフォローをしっかりしていきましょうね!