知れば「寝る前スマホ」やめたくなる!厚労省も注意喚起…悪影響3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事も家事もひと段落。「そろそろ寝ようかな」というとき、ついベッドの中でスマートフォンを見てしまう方は多いですよね。

“就寝前のスマートフォン操作”は睡眠の質を低下させるのでNGだといわれていますが、なかなかやめられないというのが現実……。

厚生労働省も警鐘を鳴らしている“就寝前のスマートフォン操作”は、日常生活にどのような支障をきたすのでしょうか。

 

■1:スムーズに入眠できなくなる

厚生労働省健康局が提示する『健康づくりのための睡眠指針 2014』のなかには、「寝床に入ってから携帯電話、メールやゲー ムなどに熱中すると、目が覚めてしまい、さらに、就床後に、長時間、光の刺激が入るこ とで覚醒を助長することになるとともに、そもそも、夜更かしの原因になるので、注意が必要です」とあります。

スマートフォンのような電子機器が発する光は、睡眠ホルモン・メラトニンの分泌量を減らし、眠気を感じにくくしたり、眠りを浅くしたりするので、就寝2時間前になったら操作を控えるようにしましょう。

 

■2:眼精疲労が起こる

スマートフォンを見ている間、瞬きの回数は減少します。すると、瞳が外気にさらされて乾燥した状態“ドライアイ”になってしまいます。そして、それを放置したまま眠ると、「朝、目が開けにくい」「目が重たい感じがする」といった症状に悩まされることに。

それだけではなく、ドライアイは眼精疲労の原因になり、肩こりや頭痛を引き起こすこともあるので覚えておきましょう。

 

■3:太る

連日の“就寝前のスマートフォン操作”によって睡眠不足に陥っていると、食欲を増進させるグレリンというホルモンが増加。そのうえ、満腹中枢を刺激するレプチンというホルモンが減少して、空腹を感じやすい体になってしまいます。

「近頃、太った気がする」という方は、スマートフォンの使用状況を見直してみてはいかがでしょうか。

 

以上、“就寝前のスマートフォン操作”がもたらすプチ不調をお伝えしました。便利で様々な楽しみ方がある反面、健康を損なう危険もあるスマートフォン。取り扱いには十分注意したいものです。

 

【関連記事】

ゲゲっ毎日してる!スマホにTV「見ながら食い」でみるみる太ると判明

老け顔の元凶!スマホの見すぎに潜む…「悲惨なオバ化リスク」3つ

※ 認知症にも関係!腸の老化が「速いor遅い人」4つの違いを医師が指摘

脱テンパリ人生!面接にプレゼン…「緊張を自信に変換する」コツ3つ

※ 体重がみるみる増える人は答えられない「魔の質問がある」と判明

 

【姉妹サイト】

※ 乙葉や北斗晶も!ラブラブ夫婦が自然とやってる「コスト0円趣味」とは

※ だらだら話してない?無駄すぎる「やってはいけない会議」NG中身3つ

 

【参考】

「健康づくりのための睡眠指針 2014」 – 厚生労働省健康局

 

【画像】

※ nito / Shutterstock