黒ずみもニキビも無い「プリンのようなお尻」になる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水着では隠し切れない、お尻の黒ずみ。そして「いつの間にこんな姿に!?」と、自分でもショックを受けてしまうほどの、お尻のぶつぶつニキビ。

夏になって、更に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 今日は、そんな“お尻トラブル”の原因と、解決法をお伝えしたいと思います。

 

■お尻トラブルを招く原因と解決法

1. 服・下着のムレ

お尻は下着で密閉されており、汗をかくとムレやすくなるため、アクネ菌の繁殖が活発になり毛穴に溜まった汚れがニキビを引き起こしてしまいます。また長時間椅子に座ることも、通気を遮断し、更にはこすれることでニキビが刺激され、出来やすい環境を作ってしまうことも。

[解決法]・・・免疫が弱いなど、体質的なことも関係しているようですが、まずはジーンズや、ナイロンといった通気性の悪いものを避け、またガードルやぴったりと密着度の高い下着より、綿素材の下着を身に着けて、とにかくムレやすい環境を防ぎましょう。

 

2. 下着の締め付けによる血行不良

きつい衣類を身に付けることによって、血行が悪くなり新陳代謝が悪化して、老廃物が溜まりやすくなります。ニキビ跡ではない、血行不良でもお尻の黒ずみは生じてしまいます。

[解決法]・・・きつい衣類は、黒ずみだけではなく、にきびの原因にもなります。まずは衣類の見直しと、軽くマッサージをすることもおすすめです。マッサージする際は、にきびを刺激しないよう、油分があまり入っていないタイプのケア商品を用いて、やさしく行うことがポイントです。

 

3. ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスの崩れにより、過剰に皮脂が分泌され、ニキビができやすくなることもあります。また、生理前には悪化しやすい人もいるようです。

[解決法]・・・お尻トラブルには、漢方治療も有効なことも多いのです。なかでも、『十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)』という体質改善剤は代表的な漢方です。そのほかにも、体質によってさまざまな漢方の種類があるので、気になる人は一度、漢方薬局へ相談に行ってみてはいかがでしょうか?

 

どれが原因かわからない人は、まずはすぐにできることから初めて、症状を確認しながら解決法を試してみてください!

お尻は、意外にも実は見られているものです。ぷるんとしたニキビのない、きれいなお尻を手に入れたいですね!

 

【参考】

※ エステ・メディカルエステ『シーズ・ラボ』

※ 吉木伸子/岡部美代治 (2010)『素肌美人になれる正しいスキンケア事典 3人の専門家が教える、基礎知識完全バイブル』 高橋書店