厄介すぎる黒ずみの「メラニン毛穴」を回避するテク5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線が強いこのシーズン、「洗顔後、毛穴の中が茶色くなってる……?」と気付いてしまった人は要注意! それは『メラニン毛穴』の状態かもしれません。毛穴のくぼみ部分が日に焼けると、メラニン色素が沈着して、表面より黒く見えてしまいます。

しかも、毛穴といえば皮脂が分泌されている部分。ということは、常に日焼け用オイルを塗っているような、日に焼けやすい状態ということなんです!

さらに厄介なことに、一度日に焼けてしまうとなかなか消えないのがメラニン毛穴の特徴。できてしまう前のケアがとても大事なのです。今年は後悔する前に、メラニン毛穴の5つの回避策をマスターしましょう!

 

■1:小まめに日焼け止めを塗る!

特に、顔の中でも高い部分である鼻と頬はしっかりと、日焼け止めを塗りましょう。全体に塗った後に、その部分だけ重ね塗りするとより効果的です。

ちょっとランチに出るだけ、ちょっと洗濯物を干すだけ……など、メイク直後以外は必ず日焼け止め効果のあるファンデーションなどでメイク直ししてあげましょう。

 

■2:化粧水も美白効果重視にチェンジ!

保湿ケア、エイジングケア……気になるスキンケアは数あれど、せめて夏のこの時期だけは美白効果を一番に考えて、化粧水を選びましょう。メラニンの生成を抑えるビタミンCなどが配合されているものもオススメです。

 

■3:毛穴の解放タイムを作る!

常に皮脂が詰まった毛穴は、呼吸ができずとても苦しい状態。蒸しタオルを毛穴部分に当てて、汚れや皮脂を浮き上がらせてからケアを始めると、そのあとの化粧品の効果が高まります。

水を含ませたタオルをレンジで1分チンするだけで、即席蒸しタオルが完成するので便利です!

 

■4:化粧水・毛穴パックを習慣に!

美白効果のある化粧水をコットンにしみ込ませ、ベリベリっと剥いで両方の小鼻脇に貼るだけ。3分ほど置いたら、あとは剥がして肌をハンドブレスで落ち着かせて。さらに、週に1回はしっかりパックで徹底美白ケアを。美白成分の『アルブチン』や『トラネキサム酸』配合のものがオススメです。

 

■5:内側から日焼けをガード!

どんなに外側からケアしても、内側から改善する力がなくては難しいもの。日焼けにはビタミンCの摂取がオススメです。メラニンはもともと無色。

しかし紫外線が当たると、メラノサイトからチロシナーゼという酵素が放出、メラニンを褐色化するのです。ビタミンCは、メラニンを無色にするのに役立つので、シミや色素沈着を起こす前に是非摂取して頂きたい成分なのです。

 

いかがでしたか? 意外に、簡単な意識次第でメラニン毛穴を回避できるのですね! 是非今日から5つのテクを活用して、毛穴ケアに力を注いでみてください!