【-10kg痩せた】シメ投入に待った!「鍋に追加すべき」優秀食材3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍋が美味しい季節になってきました。「ダシもお肉も、野菜も揃ったけど、なんか物足りない」「ちょっと食べ足りないから、シメにうどんを……」、そんな時もありますよね?

今回は、“あと一品、迷った時に買い足したい”、ダイエット中でもおすすめの鍋の具材を、ダイエットインストラクターの筆者がご紹介します。

 

■1:こんにゃく鍋は最強にヘルシー

100gあたり5kcalと、とても低カロリーなのが嬉しいこんにゃく。カロリーが低いだけでなく、水溶性食物繊維のグルコマンナンがたっぷり含まれているので、お通じ対策もしっかりしてくれます。塩、味噌、キムチなど味付けを問わず、どんな料理にも合うのもポイント。

気合いを入れてダイエットしたい時は、こんにゃくをメインにした“こんにゃく鍋”もおすすめです。

 

■2:豆腐でホルモンバランスも整えて!

100gあたり50~70kcal程度と、こんにゃく同様、低カロリーな豆腐。タンパク質がたっぷり入っているだけでなくイソフラボンも豊富で、ダイエット中に崩れてしまいがちなホルモンバランスを整えてくれるのも嬉しい点です。

歯ごたえがあり、満足感が高まる木綿豆腐が筆者は一推しです。

 

■3:きのこで余分な水分を排出すべし

えのき茸は100gあたり22kcal、しいたけは100gあたり18kcalと低カロリーなきのこ類。食物繊維がたっぷり含まれているだけでなく、カリウムも豊富に含まれているので鍋のスープを飲み過ぎてしまった時も安心。余分な水分を体外に排出してくれます。

『美レンジャー』の過去記事「キノコラバーお待たせ!食物繊維だけじゃない“旬のキノコ”超絶パワー」では、きのこの栄養素についてご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

 

「物足りないからあと一品……」って時も、低カロリーフードを選べばヘルシー。今年は鍋も味方につけてダイエットしちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ ローラもアンジーもLOVE!実は低カロリーな「美容おやつ」とは…

※ エーン…暴走食欲なんとかして!「秋の食べ過ぎ」を防ぐ魔法級4テク

※ 【-10kg痩せた】ツラくない、挫折しない「ダイエット脳」の作り方

※ 最新!5つの「スーパー腸にイイ」食材で便秘解消&がん予防を

※ 小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選

 

【姉妹サイト】

※ NYには専門店も!世界が注目する「抹茶ラテ」の効能と作り方

※ 寝る前にリップはNG!石原さとみ風な「プルぽて唇」の作り方3つ

 

【参考】

食品成分データベース – 文部科学省