NY発「昆布で顔パック」!やらなきゃ大損な驚きの美肌効果レシピ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌トラブルが起きやすいこの季節。できればお財布に負担をかけずにスキンケアをしたいものですよね? 皆さんは身近な食材で顔パックをDIYしたことがありますか?

そこで今回は、海外女性情報サイト『SELF』の記事を参考に、日本のアノ食材を使って作るオドロキの顔マスクをお届けしたいと思います。

 

■その食材、顔にのせる!?

お味噌汁のダシに昆布を使われる方も多いかと思います。ですが、昆布をスキンケアに使う日本人ってあまり聞いたことがありませんよね? ところが、その昆布で顔用マスクを作っちゃう海外女子がいるらしいのです!

以前ご紹介した「ミランダはコンブチャ…ビヨンセは?セレブが成功“噂のダイエット”4選」では、セレブ達のユニークなダイエット方法をお伝えしました。なかでもミランダ・カーは“コンブチャダイエット”を実践しているとか。とはいえ、この記事でいう“コンブチャ”とは“紅茶キノコ”を指し、昆布は関係ありません。

ですが、海外で昆布“Kombu”という固有名詞がそのまま使われるほど、昆布は健康・美容食として人気が高まっているようです。

 

■昆布マスクの作り方

【材料】

・冷めたコーヒー・・・1/2カップ

・皮をむいてみじん切りにしたきゅうり・・・1/2本

・ダシ用昆布・・・1枚

 

【使用方法】

(1)冷めたコーヒーと皮をむいてみじん切りにしたきゅうりをブレンダーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

(2)ボールに(1)を注ぎ、昆布を入れて水分をいきわたらせます。

(3)コットンに(1)を含ませ、顔を湿らせます。

(4)(2)の昆布を細く引き裂き、顔にまんべんなくのせ、ぴったりと肌に密着させます。額、目の下、鼻など、特に乾燥が気になるところに昆布を置いて下さい。

(5)数分置いた後、昆布をはがし顔をぬるま湯で洗って下さい。

 

■気になる効能は……?

「昆布に豊富に含まれているビタミンB群が皮膚の老廃物を排出し、肌を保湿しツヤツヤにするのです」と、上記レシピを自身の著書『Skin Cleanse』で紹介したアディナ・グリゴール氏が説明します。グリゴール氏は、ニューヨークのオーガニックスキンケアメーカーである『S.W. Basics』の創立者。

さらに氏によると、「きゅうりにはビタミンCとビタミンKなど、炎症や老化を防ぐ抗酸化作用があります。また、自然のレチノールといわれるビタミンAも含んでいるので、肌のキメを整え輝く肌にします。コーヒーにも抗酸化作用があり、肌に必要な皮脂を与えるのですよ」といいます。

つまり、コーヒー、きゅうりと昆布で出来たパックは、余分な角質を除去しながら潤いを与えて、ツヤツヤな肌にする効果があるわけですね。

筆者も早速試してみましたが、確かに顔のくすみが取れ、もちもちなお肌になりました! 普段の朝にするのは難しいですが、お休みの日など、ダシを取った後の昆布とコーヒーでまずはトライするのもおもしろいかも。

 

まさか海外に昆布を顔にのせるパックがあるとは、オドロキですよね。外出するのが億劫な週末は、色々なパックをDIYしてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

サラダ好きも要注意!便秘に大腸がんを招く「腸が嫌がる」悪習慣4つ

オバ化が隠せない「首のシワ」に!やった人から差が出る横線防止ケア

知らなきゃ大損!「柿とイチジク」は秋のチョウゼツ美容食だった

※ 最新!5つの「スーパー腸にイイ」食材で便秘解消&がん予防を

※ 10歳はサバ読める!シワを消しツヤを生む「ベースメイク」テク

 

【姉妹サイト】

※ お腹も気分もスッキリ!出社前「朝30分ウォーキング」がイイ理由

※ 9割が「老化は隠さないほうが好感」女優達に学ぶ歳相応の美の作り方

 

【参考】

Beauty Tested: The DIY Hydrating Pore Strips Paramore’s Hayley Williams Loves – SELF

 

【画像】

※ © cokemomo / 123RF.com