ひき始めの風邪に効果的!「長く寝込まない」ための一手を集めてみた

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気を付けていたつもりなのに、喉が痛い・熱っぽい……。急に冷え込むようになったこの時期、「何だか風邪をひきそう」だと感じている方は多いのではないでしょうか。

また、なかには仕事や予定が立て込んでいて、「風邪をひいている場合ではない」と焦っている方もいることでしょう。

そこで今回は、“ひき始めの風邪”に効果的な対策を集めてみました。

 

■1:塩うがいをする

ここでは、「風邪かな?」というときに取りたい5つの対処法をご紹介します。『美レンジャー』過去記事の「ひどくなる前のケアが大事!“風邪のひき始め”にすべき5つの対処法」を参考にしてみてください。

(1)体を休める

(2)栄養を摂る

(3)塩うがいをする

(4)体を温める

(5)水分を摂る

塩水には、喉の痛みを和らげたり、アレルゲンやバクテリア、菌類を排除したりする殺菌力があります。外出先から戻ったとき、喉に違和感を感じるときは、コップ一杯の水にひとつまみの塩を入れ、よく混ぜてからうがいをしてください。

 

■2:はくさいスープを飲む

冬野菜の定番・はくさいには、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンCが豊富。特に、はくさいの葉芯の黄色っぽい部分にたくさんのビタミンCが含まれていると、『美レンジャー』過去記事の「鍋の脇役どころか超絶パワー!“はくさい”で風邪&がんの予防も」の記事内でお伝えしています。そうとわかったら、葉芯を使って白菜スープを作りましょう。

【材料】(2人分)

・はくさい(葉芯から使う)・・・3~4枚

・ウインナー・・・4~5本

・ブイヨンスープ・・・350ml

・塩こしょう・・・少々

 

【作り方】

(1)はくさい、ウインナーを適当な大きさに切る。

(2)ブイヨンスープを煮立てたら(1)を入れ、火が通るまで煮込む。

(3)塩こしょうで味付けをする。

とても簡単ですよね。粉チーズをふりかけても美味しいので、ぜひ試してみてください。

 

■3:胃腸に負担をかけるものは食べない

体を壊したり風邪をひいたりしているときは、胃腸に負担をかけてはいけません。どのようなものを避けるべきかは、『美レンジャー』過去記事の「食のプロが語る!風邪の時に“食べちゃいけないもの”5つ」でお伝えしています。

(1)冷たいもの

(2)刺激のあるもの

(3)こってりしたもの

(4)甘いもの

(5)アルコール

香辛料の刺激が強いものや熱いものは、胃腸だけではなく喉を傷めるので回復するまで控えましょう。

 

ひき始めの風邪を悪化させないための参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

大根と椎茸でお手当!風邪のひき始め「発熱に効く」シンプルスープ2種

※ 藤原紀香はすき焼き+アレ!「代謝UP&脂肪撃退」秋の神フード3選

 

【姉妹サイト】

※ なぜ石原さとみはモテる?露出度低めでも「エロモテ」する謎を解明

※ お宅はいくつ違い?年の差婚vs同い年婚「別居・離婚の危機が強い」のは…

 

【画像】

※ Shutterstock / PhotographyByMK