一重に離れ目を…巧みにカバー!「目のタイプ別」アイライン&マスカラ術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイメイクを盛りすぎることなく、できるだけ自然に目を大きく見せたいですよね。あなたはご自分の目のタイプに合ったアイラインやマスカラをしていますか? 一重さん、離れ目さん、目のタイプによってそれぞれ違うアイメイクの仕方があるんですよ。

今回は美容ライターである筆者が、目のタイプ別によって使い分けたいアイラインとマスカラのテクニックを伝授します。

 

1:一重まぶたさん

・アイライン・・・一重まぶたさんは目頭から目尻まで太めにラインを引くのがオススメ。まつげとまつげの隙間を埋めるように少しずつラインを引くと簡単です。まつげの隙間が埋まったらラインを整えるために再度ラインを描きましょう。

目尻は5mmほど長めに。目を開けたときにアイラインがきちんと見えるくらいの幅にして下さいね。

・マスカラ・・・過去記事「デカ目度アップ!一重に離れ目…“目のタイプ別“マスカラの塗り方」によると、一重まぶたのまつげをボリュームアップしすぎるとアイラインが消えてしまうので、ボリュームタイプではなくロングタイプのマスカラをチョイスするのがベター。

 

2:離れ目さん

・アイライン・・・目が離れている方は、目頭から目尻まできっちりラインを入れていきます。特に重要なのは、目頭から下まぶたまで“く”の字にダブルラインを引くこと。

下まぶたのアイラインは“く”の字以外は入れずに、黒目から目尻にかけてはハイライターペンシルでなぞります。こうすることで目頭がキリっと引き立ち、目が中央に寄った印象になります。

・マスカラ・・・マスカラを2度付けします。始めはまつげ全体に、最後に太いブラシのマスカラで目の中央から目頭までたっぷり塗って仕上げます。

 

3:目が顔の中央に寄っている

・アイライン・・・目が顔の中心によっている方は、アイラインを目の中央から目尻に入れて。一重さんと同じように目尻をやや長めに引きましょう。下まぶたの目尻から黒目にもラインを入れると目の中央から切れ長に見えるので、目を顔の中心から離します。

下まぶたに黒いアイライナーを入れてしまうと強すぎるので、ブラウンのアイラインやアイシャドウをつけてぼかしましょう。

・マスカラ・・・マスカラはボリュームアップタイプを選び、1度目はまつげ全体に、2度目は目尻にマスカラをたっぷりつけます。

 

アイラインとマスカラもご自分の目のタイプに合った付け方で、目の印象を改善することができます。些細な点でも、顔に関することはついついコンプレックスに感じてしまいますよね。それを個性と捉え、その個性をよりよく見せる気持ちでお化粧を楽しみましょう!

 

【関連記事】

※ リミットは起床から1時間!「最速でキレイを作る」朝の時短美容

アラサー以降の定番ブラウンに…待った!「くぼみ目」解消メイク技

石原さとみもチェンジ!色っぽく魅せる「フェロ眉」で女度急上昇

※ 秋の夜長は「アロマ」に決まり!美肌に排出…知らなきゃ大損な活用法

案外気づいてない?「メイク下手な人」がやりがちなNG行動3つ

 

【姉妹サイト】

※ あーキスしてぇ!男が思わず触れたくなる唇は「赤orピンク」どっち

※ 最近の若いヤツは…そうだったのか「20代の仕事観」との大ギャップ

 

【画像】

※ © paolopagani / 123RF.com