目指せ…石原さとみのふんわり肌!3ステップで「究極の透明感」演出術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 石原さとみさんのような透明感のあるお肌、憧れますよね。ただ、秋冬は湿度も低く乾燥しがち……。ツヤ・潤い・透明感をキープするためには、メイク前の保湿や下地選びなどが重要です。

そこで今回は、美容ライターの筆者が、乾燥の激しい秋冬も“透明感のある美肌”を作る、ベースメイクのコツを3ステップでご紹介します。

 

■1:メイク前の必須テク

まず透明感のあるお肌作りには、メイク前に保湿をすることが大切。お肌がかさかさしていると上から重ねてメイクをしようとしても、ファンデがうまく乗らず、透明感のある素肌に仕上がらないことも。化粧水や乳液等を丁寧につけましょう。

筆者は化粧水や乳液をつけた後に、手のひらで顔を覆うように肌を押さえ、お肌に水分を浸透させるようにしています。乾燥が気になるときは、保湿パックやクリームを足すのもいいでしょう。

そして、最後に2枚でセットになっているティッシュをはがして、1枚のティッシュで軽くふんわりオフしましょう。余分なべたつきが取れてもっちりした肌が完成します。

 

■2:差がつくのは下地テク

もっちりしたお肌が完成したら、ファンデーションをつける前の下地選びが大事。透明感を出すには自分では見慣れていて、意外と気付かない目の下のクマやニキビ跡、小鼻の赤みなどの色ムラをなくすこともポイントです。

筆者の一推しは、くすみをカバーしてくれる“ピンク色の下地”。また、服の色も暗くなりがちな今の時期には、華やかさもプラスしてくれるピンクパールの下地も効果的です。ツヤ肌に仕上げたいときは、BBクリームを足すのもいいですよ。

 

■3:ファンデはブラシで

透明感肌に仕上げるコツは、厚塗りをしないこと。厚塗りにならないよう、ファンデはブラシでつけるのがオススメです。ファンデをブラシにとった後に、ティッシュの上でブラシにファンデをなじませてからつけるようにすると、ブラシに均一にファンデがついて自然な仕上がりになりますよ。

 

筆者は、上記3つを意識してベースメイクを行っています。「肌キレイ!」と評判になるような美肌作りの参考にしてみて下さいね。

 

【関連記事】

※ 【-10kg痩せた】リバウンドゼロな私が「絶対欠かさない」朝習慣3つ

※ げっ…私も?美容心理学者が断言「みるみる幸せが遠ざかる顔」特徴4つ

※ 10歳はサバ読める!シワを消しツヤを生む「ベースメイク」テク

※ アレッ…石原さとみのはずが!ナゼか「あか抜けない黒髪」残念4種

※ 石原さとみも!斜めバングスより断然可愛い「イマドキ前髪」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 朝より夕方に歩け!? 半年で11kg減の医師が教える「やせるウォーキング」

※ 86.5%の人が困った経験アリ! 海外旅行の「外貨余り」防止テク3つ