壁に5点ピッタリで…立ち姿見違える!「モテ姿勢&美しい歩き方」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに高級なヒールや、洋服、バッグで着飾っていても、カクンカクンと歩き方が格好悪いだけで印象はガタ落ち……! その反面、歩き方が美しいと、それだけで颯爽としていて何となく好印象になります。

でも、綺麗な歩き方がよく分からない……という方は多いようです。そこで今回は、モデルでありポージング講師としても活動する筆者が、壁を使うだけで誰でも綺麗に歩けるようになるテクニックを、動画でご紹介します。

 

(1)壁に5点をぴったりくっつけよう

ヒールを履いた状態で壁に背中をくっつけます。この時に後頭部、背中、お尻、ふくらはぎ、かかとの5点が壁にくっつくことが大切です。そのまま一歩手前に出ましょう。体の重心が前後に偏ることなく、くるぶしの真下にかかっているイメージの、この姿勢がまっすぐ美しい“基本姿勢”です。

(2)軽やかに歩こう

かかとを上げて前足を踏み出したら、着地は“かかと”からが絶対です。“つま先”から着地してしまうと、その後にかかとが着くのでカクンカクンといった歩き方になってしまいます。この時、上半身は常に基本姿勢を意識しましょう。

 

猫背や前傾になってしまっている人は特に、壁で基本姿勢の確認をしてみてください。初めは想像以上に後ろに傾いているような印象を受けるかもしれませんが、これが美しい姿勢の基本です。体に叩き込み、マスターしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 肩こり&バストアップに!30分に1回したい「体に効く背伸びの仕方」

※ 2ポーズでインナーマッスル強化!「ぶよよん出っ腹」対策エクサ

※ その姿勢がおデブ直結!直した人から楽ヤセする「何気な習慣」5つ

※ 3つのポーズで背骨ケア!腰痛も予防する「美姿勢エクササイズ」

※ 続けるだけで…背筋美人!「自然に姿勢がよくなるスポーツ」5選

 

【おすすめ記事(PR)】

一年間頑張った肌にご褒美!贅沢すぎるクリスマスコフレ徹底解明

カサカサ肌に要注意!乾燥の季節を乗り切るお肌のケア法3選

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

「あの先輩なんか古くさっ…!」アラサーあるあるNGメイク3つ

コスメ大賞総なめ!美容家が選ぶヘアケアは…「濃密ジュレ」を使った新発想3ステップ

 

【姉妹サイト】

※ 「あれあれ、飲み過ぎ?」同僚バレしないむくみ目アイライン3つ

※ 3位石原さとみよりも!「いい母親になりそうな芸能人」2位、1位は