そのメイク…古ッ!「10年前と化粧が同じ人」が急激に垢抜ける方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとって日課となっているメイク。「大学生や社会人になりたての頃、化粧品を買いに行ったコスメカウンターで美容部員の方に教えてもらった方法で今もメイクしている」なんて人はいませんか?

年齢を重ねると顔の印象は変わってくるもの。それなのにメイク方法を変えていない人は、せっかく新作コスメをチェックしてトレンドアイテムを投入しても、何となく垢抜けない印象になってしまい、もったいないです。

今回は、ここ10年メイク方法を見直してこなかった方のために、簡単メイクテクニックをご紹介します。

 

■1:アイブロウ

眉は顔の印象を大きく左右するパーツ。「太い眉がトレンド」と聞いて、トライしてみたもののうまく描けないという人は、“眉骨”に合わせて描くようにしましょう。トレンドを追い掛け過ぎて骨格と異なる位置に眉毛を描くと表情とリンクせず、不自然な印象になってしまいます。

また、眉頭が鼻側から遠すぎると目が小さく老けた印象になりますので、眉頭の位置は目頭から1~2ミリ程度内側から始まるようにしましょう。

 

■2:チーク

頬の一番高い部分に丸くポンポンとチークを乗せるメイクは、若い時は可愛く見えますが、年齢を重ねると頬の位置が下がっているので逆効果。一番高い位置からスタートさせて、頬骨に沿って半円を描くように耳の付け根あたりまでチークをなじませましょう。

チークの色がはっきり付き過ぎて境目が目立ってしまった時は、お手持ちのパウダーファンデをブラシにとって境目をぼかしましょう。

 

■3:ファンデーション

顔全体に均一にファンデーションを塗っている人が多いですが、ファンデーションの塗り方を変えるだけで顔に立体感が出ます。フェイスラインまで塗ってしまうとのっぺりとした印象になってしまうので、フェイスラインに向かってぼかすようなイメージでファンデーションを塗りましょう。フェイスラインはファンデーションがついていなくてもOKです。

また、「色白に見せたい」と、ファンデーションのトーンが明るめのものを選ぶのはNG。お肌のトラブルが浮き彫りになったり、首元との色の差が目立ってしまったりして、かえって老けた印象になります。美肌に見せたいなら逆にワントーン暗めのファンデーションを選ぶのがお勧めです。

 

メイクは毎日何気なく行うもの。意識しないと毎日同じメイクになりがち。老けた印象になりたくない人は、改めて自分のメイク方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 仕上げなのに…仕上がり台無しに!「フェイスパウダー」NG使用3例

※ 10歳はサバ読める!シワを消しツヤを生む「ベースメイク」テク

※ OVER35のアイメイク崩れは…「たるみ」の仕業!にじみ予防テク2つ

※ ムムッ…老けて見える?「篠原涼子風」ナチュメイクに潜む落とし穴3つ

※ 3ステップで一気に眉美人!顔の印象アガル「自然な眉毛の描き方」

 

【姉妹サイト】

※ 黒カラコンはセーフorアウト?30代だと痛い認定されるファッションは

※ 若い子はみんな持ってる!? スマホ充電の「モバイルバッテリー」の選び方