いるいる!いつも一人風邪をひかない「免疫力高め女子」の健康習慣4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


風邪やインフルエンザが流行り始める季節です。ウイルスに負けない体を作るために、今から免疫力を高めておきたいところ。昔から、「よく食べよく眠れば免疫力は高まる」といわれていますが、仕事や家事、子育てなど慌ただしいと難しいこともありますよね。

そこで今回は、無理なくできる免疫力の高め方をご紹介していきたいと思います。

 

■1:爪を揉む

爪の生え際を揉むことで、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態へと変わります。その結果、リンパ球が増加し、免疫力もアップ。爪の生え際を“イタ気持ちいい”と感じるくらいの力で揉みほぐしましょう。

ただし、薬指には交感神経を優位にするツボがあるため、薬指を除く指のみ刺激するように。

 

■2:ヨーグルトを食べる

腸の中の善玉菌が増殖すると、免疫力がグンと高まります。ヨーグルトをはじめとする乳酸菌を含むものを日常的に食べるようにしましょう。

腸は、人体最大の免疫器官。「腸で人生が決まる」といわれるほど、私たちの健康と関わりが深い臓器なので、日頃から“腸の健康”も意識して過ごしたいものです。

 

■3:体を温める

体温が1度下がると、免疫力は30%も下がるといいます。内臓があるお腹周りや太い血管がある太もも・首元を温めて、体温を下げないようにしましょう。

 

■4:背筋を伸ばす

猫背で背中が丸まっている方は、血行が悪くなりがち。肩甲骨同士をくっつけるイメージで、肩をグッと横に開いて背筋を伸ばしてみてください。体の中心を通る太い血管が広がり、血液中の免疫細胞が全身に行き渡るようになります。

 

これなら、忙しい方でもできそうですよね。「毎年風邪をひく」「風邪が長引く」という方は、今日から始めてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

心で泣いていてもOK!免疫力も気分も上がる「作り笑い」の劇的効果

※ ●●を揉むだけ!周りにバレずに「辛すぎる睡魔に打ち勝つ」テク

ヒエッ…な低体温女性が増加中!理想の●度を目指す「温活術」6つ

また風邪ひいてない?「ウイルス感染しやすい家」危険要因3つ

※ オバ化が隠せない「首のシワ」に!やった人から差が出る横線防止ケア

 

【姉妹サイト】

※ ヒェ…肩こりでダル顔シワ子に!? 整体師がやってる老け予防ホームケア

※ 一生に一度は行きたい…!働き女子を癒やす「冬の海外絶景スポット」5選

 

【画像】

※ Iakov Filimonov / shutterstock