アラフォーが着ると安っぽさ加速!「プチプラニット」避けるべき4種

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファストファッションでオシャレを競う女子が急増中。トレンドも定番も抑えているし、なにしろ買い替えがすぐにきくので本当に便利ですよね。ですがアイテムによっては、OVER35が着ると安っぽくオバサンに見えてしまうのです。

そこで今回は、ファッションライターである筆者が、プチプラを避けるべき秋冬ニットを4つお届けします。

 

NG1:シャギーニット

価格の安いニットには、ポリエステルやアクリルなどの化学繊維が“毛”よりも高い比率で入っています。つまり動物の“毛”であるカシミヤ、アンゴラ、ウールなどの配合率が高いほど価格も高くなります。

アクリルやポリエステルは“毛”と違って型崩れしにくい反面、吸水性や吸湿性が低く静電気を起こし毛玉ができやすい特性があります。化学繊維が多く含まれている毛先の長いニットは、本物の“毛”のような柔らかな風合いや光沢が出ず、安っぽくみえるときもあります。

シャギーニットを購入するときはウール素材がオススメです。

 

NG2:パステルカラーのセーター

OVER35は明るい色を顔周りにもってくると顔色を輝かせ若々しい印象になりますが、パステルカラーのセーターは避けておいたほうが無難。淡いパステルカラーのトップスはアラフォーのコーデにとても難しい色なのです。ダークカラーのボトムスと合わせると野暮ったく、明るい色のスカートやパンツと合わせると若作り感が出てしまいます。

淡い色にするならばグレー味がかったダスティパステルが高級感が出ます。渋色トーンのグレイッシュがかったブルー、ベージュがかったイエローやピンクが大人っぽく、外さないのでは。

 

NG3:ローゲージニット

網目が大きくざっくりしたニット編みのことをローゲージニットといいます。この秋冬はゆったりとしたローゲージニットが流行っていますが、化学繊維が多く使われているローゲージニットはニットの手触りや輝きが安見えするときも。プチプラニットを高見せしたいときは、網目がつまったハイゲージのほうがよいでしょう。

 

NG4:カラーニット帽

身体の冷えが大敵のOVER35にニット帽はかかせません。ミディ丈のスカートやワンピなどフェミニンな格好にあえて被るとこなれた感じが出るのですが、プチプラのカラーニット帽を被るのはNG。

安いカラフルなニット帽は発色にニュアンスがなく、どうしても全身から浮いてしまいます。ニット帽を選ぶときは黒、グレー、ブラウンがコーデしやすいもの。自分の髪色と合わせてかぶると縦長効果で背が高く、顔の面積が減り小顔効果もありますよ。

 

カシミヤ100%のニットばかり身につけるのは現実的じゃないですよね。ですが、網目が小さく落ち着いた色のプチプラニットなら安っぽく見えません。プチプラを賢く活用して上質女子を演出しましょう!

 

【関連記事】

ゴム2本で…劇的可愛い「無造作ヘア」!ヨガにもオススメ簡単アレンジ

伸ばしたい女子急増中!「ロング前髪」が何かとモテて便利な理由4つ

中村アンも愛用中!2015秋「被るだけでオシャレ上級者」ハット3選

げげっ…座敷は困る!靴を脱いだら「足クサ子」の緊急ニオイ対策一覧

※ 流行りの「チョコ色メイク」…OVER35はチョット待って!陥りがちNG2例

 

【姉妹サイト】

※ これぞ円満の秘訣!ラブラブな夫婦ほど「満足度が高い」アレとは

※ 見た目よりも…ソッチ!? 働き女子が「男性の収入」を判断する基準とは

 

【画像】

※ © Denis Raev / 123RF.com