【美メイクテク】これならイメチェンも簡単!劇的に変わる眉毛の描き方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクをする上で、簡単にイメチェンできるパーツはたくさんあります。ちょっとした変身願望ってみんな持ってるはず。メガネをかけてみたりするだけで、イメージってけっこう変わりますよね。

「いきなり髪の毛をばっさり切るには勇気がないし……」なんて方は、まずはメイクでイメチェンすることをオススメします!

眉毛、アイメイク、チーク、リップ、ベースメイクとそれぞれ少し変えるだけでイメージを変えることは可能なんです。今回は、眉毛のテクニックで印象を変えられる方法を伝授したいと思います。

まず、なりたいイメージをふたつに分けてみます。


■1. エレガントに魅せるクール眉

ペンシルタイプを使用します。ペンシルで描くとはっきりラインが描けるので、メリハリがでる効果があります。長さを強調させたいので太めにならないように注意しながら、毛の間を埋めていきます。

さらにペンシルで描いたラインからはみ出た部分をカットすると、シャープなイメージになりますよ。

眉尻の長さをは目尻と小鼻を結んだあたりまでななめ下に向かってアーチ型に足し細めに伸ばします。眉頭は、鼻筋に沿ってプラスしていくと鼻が高くみえる効果と、クールで強めな印象になります。

最後に眉マスカラをのせます。エレガントでフォーマルな印象を目指すならば、髪の毛の色よりも明るくしない方がいいです。

 

■2. ふんわり癒し顔に魅せるキュート眉

パウダータイプを使用します。パウダーで描くことでラインがぼけるので柔らかい印象を出せます。

パウダーを毛の隙間を埋めるようにのせて、ブラシでぼかします。長さは短めにし、角度は足さないで、ストレートに近いゆるやかなカーブを作ることがポイントです。また眉毛は短い程、幼い印象になります。アウトラインをしっかりぼかすことが大切です。

垢抜けて柔らかい印象を出すために、最後に眉マスカラを髪の毛より明るめの色を選ぶと優しい印象になります。

 

いかがでしたか? これなら少しの工夫で雰囲気を変えられますよね。例えば、仕事モードと休日モードで使い分けたり、服の雰囲気でイメージを変えるのも気分転換になってオススメです。

是非、お試しくださいね!