ほうれい線も隠せる!ミランダも実践「撮影は魚顔ポーズ」が大ブームに

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真がすべてを物語るいま、写真写りがよいことも大切なスキルの一つ。特に女性としては、肌が白く見えたり、目元のシワやほうれい線など、とにかく可愛く、美しく見えるのが大事ですよね。

そのため、アヒル口や歯イタポーズなど様々な撮影ポーズが人気ですが、いまハリウッドでブームとなっているのが、魚顔! 果たしてその表情とはどんなものなのか? 魚顔ポーズとともに、撮影で綺麗に見えるメイクテクも一緒にご紹介します。

 

■ミランダもやってる魚顔ポーズって何?

現在、ミランダ・カーやカーラ・デルヴィーニュ、キーラ・ナイトレイなどハリウッドセレブたちの間で流行っている表情といえば、魚顔。海外サイト『Mail Online』によると、この魚顔とはアヒル口のように口を突き出すのではなく、少し口を開けるのがポイント。また、目に力を入れて、笑顔を醸し出すようにする表情です。

口で笑うのではなく、目だけで微笑むことで、シワやほうれい線を見せることなく若返り効果が得られます。また、唇はほんの少し開けて突き出すことで、あごも頬もスッキリ見えることから、シワ隠しだけでなくスリム効果も得られるんだそう。

とはいえ、目だけ微笑んで口は少し開けて……といった表情はいきなりやろうとすると難しいもの。セレブのお手本をよく見ながら、鏡の前で練習してみましょう!

 

■撮影用のメイクで完璧美人に!

さらに撮影の時はポーズだけでなく、メイクもきちんと撮影用に仕上げることが大切。特に写真撮影の際は、光と影をうまく使うと立体的なだけでなく、白くて小顔のイメージを与えることができます。

そのため、ベースメイクには必ずシェーディングとハイライトを使うことが大事。また、目にはインサイドラインとしてベージュライナーを入れるのも効果的。白目が明るく、白く見えるだけでなく、目全体が大きく見えるようにもなります。

また、撮影のためには崩れず、しっかりカバーしたメイクが必要。以前、『美レンジャー』過去記事の「毛穴レス・崩れない・美血色… “撮影現場のメイク裏技5つ”が使える!」で紹介したような、ファンデ前にパウダーをしたり、コンシーラーはファンデとパウダーを使ってカスタマイズしたものにする、ファンデは下から上に塗る、チークはファンデの前に……といったテクを実践してみてください。

 

セルフィーを多く撮る人はもちろん、写真写りに自信がない方もぜひ一度トライしてみてください!

 

【関連記事】

ヤバッ…私やってた!後輩が心で「古ッ」と叫ぶ撮影ポーズ3選

そろそろヤメない?彼もマジ引き「●●中のスマホ撮影」NG3シーン

※ プロ直伝「黒目コンタクト用」メイクのコツ5つ!目元の印象グーンとUP 

※ 間違えると…40代で愕然!「20代vs.30代の肌」こんなに違う必須ケア

※ 60秒でくっきり「ほうれい線」を消し去る!ペットボトルエクサ

 

【姉妹サイト】

※ げ…そんなとこまで見てたの!? 多数の男子が「汚へそ女子」に幻滅してた

※ 北斗・川島ショックに負けない…!働き女子の「がん予防」日々の秘訣4つ

 

【参考】

The fish-gape! It’s the stars’ new facial pose that flatters while erasing those lines and wrinkles… – MailOnline