残念トレンド女子が街中に!「スカーチョ&コーディガン」失敗例3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミモレ丈のスカートが流行ったと思ったら、今度はガウチョパンツ。そして最近、ファッションサイトで見かけるのは「スカーチョ」「コーディガン」というキーワード。

スカーチョとは、スカートとガウチョパンツの良いところを合わせ持ったボトムスのこと。一方、コーディガンとは、カーディガンのように軽く羽織ることができるコートのこと。『GU』などのファストファッションブランドでも手軽に購入できるトレンドアイテムです。

最新トレンドアイテムを取り入れてみたいけど、これまで持っていたアイテムとどうコーディネートすれば良いか悩んでしまっている人のために、今回は、トレンドアイテムを取り入れる時にやってはいけないポイントをご紹介します。

 

■NG1:色柄が派手なものを選ぶ

流行するファッションアイテムは、これまでにないデザインのものが多いです。デザインが凝っていて、さらに色も奇抜だと、これまでクローゼットに入っていた手持ちのアイテムとのコーディネートに悩むことがあります。

トレンドアイテムはデザイン(形)を楽しむようにして、色はモノトーンやベージュなどベーシックなタイプを選ぶとコーディネートがグッと楽になります。

 

■NG2:ゆるトップスとゆるボトムスを合わせる

今話題のスカーチョやコーディガンは比較的ゆとりのあるフォルムで、全体として丸みのある印象のものが多いです。しかし、ゆるいデザインのもの同士をコーディネートすると、実際の体格以上に太って見えてしまいます。

曲線的な印象のアイテムに合わせるべきは直線的なアイテム。例えば、スカーチョを着たいなら、トップスは比較的タイトなデザインのものを、コーディガンを着たいなら、ボトムスはスリムパンツなど、細身で直線的なデザインのものを合わせた方が全体のバランスが良くなります。

 

■NG3:柄物に柄を合わせる

洋服を買いに行くと、店頭で見た時、「この柄が可愛い~」とつい見た目の印象が強い“柄物”アイテムを買ってしまうこと、ありませんか? でもいざ自宅へ帰ってみると「この柄とこの柄、どうやって合わせるの?」なんてこともしばしば。

柄物アイテムを2か所以上に使ってしまうとコーディネートが煩雑に見えてしまうので、柄物アイテムは1点に絞りましょう。トップスで柄物を着たい時はボトムスは無地に、ボトムスで柄物を着たい時はトップスは無地にするようにしましょう。

 

今回は、トレンドアイテムの失敗しがちなNG例をご紹介しました。お伝えしたアドバイスをもとに、トレンドアイテムを取り入れた秋ファッションを楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

※ 2つのマストバイ決定!益若つばさ注目「旬×個性の秋ファッション」

※ ファッションのプロが指摘!「大人な女がイタ女に変わる」NG2つ

※ お尻ドン子はユニクロ…短足さんは?体型別「ファストファッション」デニム

※ えっ…タートルもNG!? 「冷え性を悪化させる」冬ファッション5例

※ アレ?ブームなのに微妙「残念なコーディガン」色に素材…失敗3例

 

【姉妹サイト】

※ 寝る前にたった10分!驚くほど簡単エクサで来月までにくびれゲット

※ 未婚女子は損!? 職場で不利を実感「だからオンナはダメなんだ」シーン3つ