炭水化物にアレ混ぜて!海外でも人気の「ヘルシー食材」で肥満予防

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットはしたいけど、食事を抜くと頭がぼーっとして仕事にならない……、忙しい毎日を乗り切るためにも、きちんと食べて痩せられたら最高ですよね。

イタリアでは、乾燥しらたきを「ゼンパスタ」と呼び、パスタの代わりにしらたきを食事に取り入れるスタイルが流行しています。日本だけでなく、世界で愛されるしらたきには、どんな秘密があるのでしょうか? 

しらたきは100gあたり約6kcalと、低カロリー食材で、水分を吸う性質もあります。お腹が膨れるので食べ応えがあり、カロリーカットしながら満足感を味わえる、まさにダイエットにぴったりな食材なんです! 

今回は、調剤薬局で保険薬剤師として活躍する宇都宮綾子さんに、しらたきを使ったヘルシーダイエット法について伺ってきました。

 

■しらたきダイエットの魅力とは? 

「ダイエットと聞くと真っ先に炭水化物抜きダイエットをイメージする人も多いことでしょう。けれどご飯やパンなどの炭水化物を抜き、全く食べないのは体に負担がかかってしまいます。

そこで炭水化物の量を減らして、かさ増しに低カロリーのしらたきを混ぜることで、カロリーの大幅カットが可能になるんです! しかも、しらたきに含まれる食物繊維は炭水化物を同時に摂取すると、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる効果があるので、肥満予防にも繋がります」と宇都宮さん。

しらたきは食材として味に特徴がないので、どんな調味料とも相性が抜群です! 自分好みのアレンジで、バリエーション豊かにダイエットを楽しめるのが魅力的ですね。

 

■食物繊維には性質の異なる2種類がある! 

「便秘の改善には食物繊維を摂取するとよいと言いますが、実は食物繊維には、水に溶ける“水溶性”と、水に溶けない“不溶性”の2種類があるのをご存じでしょうか? 

しらたきやキノコ類、切り干し大根などに含まれるのは不溶性食物繊維なので、水に溶けず胃や腸で水分を吸収することで大きく膨らみます。

一般的にお通じを良くしてくれるのは水溶性食物繊維であり、それぞれ働きが異なるので注意しましょう。便秘を改善したい時には海藻類や納豆、オクラ、山芋など、水溶性食物繊維を多く含む食材がおすすめです」とのこと。

 

食物繊維といっても2種類あり、効果が違うので目的に合わせて摂取することが大切です。いくら低カロリーだからと言って、しらたきだけの食生活にするのではなく、食事に上手に取り入れて美味しくヘルシーにダイエットしましょう。

『美レンジャー』の過去記事「【-10kg痩せた】私の最強ダイエット食“●●ご飯”の中身公開」もぜひ参考に。

 

【関連記事】

※ 煮物だけじゃない!「かぼちゃ」をもっと美味しく健康に食べるコツ

※ お料理タイムの気分が上がる!キュートで便利な「キッチン用品」3選

※ 運動の前後に食べるべきは何?「脂肪燃焼を助ける」食事の仕方

※ 食べてリカバリー!疲れに便秘…「不調を整える」栄養満点な秋の果物5コ

※ 2ポーズでインナーマッスル強化!「ぶよよん出っ腹」対策エクサ

 

【姉妹サイト】

※ ダレノガレに中村アン「-10kg以上痩せた」芸能人の神技ダイエット

※ コレは…盛れる!働き女子をもっとキレイに「人気カメラアプリ」3選

 

【画像】

※ 稲葉マリ