体温+1℃を目指せ!万病の元「冷え退治」におすすめ温活グッズ3選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この頃、冬のはじまりを感じる日が多くなりましたね。冷え性の人にとっては、厳しい季節の到来。「冷えは万病のもと」と言われるように、美容・健康のためには、冷えを放置していてはいけません。もうそろそろ、本気で冷えと向き合ってみませんか?

今回は、冷えを克服したい人におすすめの、温活グッズを3つご紹介します。

 

■本気で冷え対策!おすすめアイテム3つ

(1)貼ってあったか『ポカポカおしりのほっぺ』

あなたのおしりは、ヒンヤリしていませんか? 運動不足や長時間のデスクワークなどで、おしり周りの血行は悪くなり、冷えてしまいがち。おしりの近くには、子宮や卵巣など女性にとって大切な臓器があります。温めて血行をよくし、子宮や卵巣が正しく機能しやすい環境をつくりましょう。

『ポカポカおしりのほっぺ』は、おしりに直に貼れるカイロ。おしりに貼りやすいフィット設計だから、デニムやパンツを履いても洋服に響きません。さらに、ただのカイロではなく、よもぎエキス、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸などが配合されているシートなので、同時におしりのスキンケアもできちゃいます!

(2)おへそに入れる『天然水晶 ホワイトストーン』

『天然水晶 ホワイトストーン』という水晶の玉を耳とおへそに入れる斬新な温活方法。米国のストーンセラピーでは、良質な天然水晶には遠赤外線効果があり、人体を温める力にすぐれていると考えられているそう。多くの岩盤浴施設で水晶を取り入れていることからも、納得ですよね。

東洋学的でも、耳やおへそにはツボがあり、あたためるとよいと考えられています。米国のストーンセラピーと東洋医学が融合したこの温活ケアは、妊活中の女性やダイエット中の方にも支持されているよう。温活の主流となる日も近いかも!?

(3)保湿もできるレッグウォーマー

「頭寒足熱」が健康によいといわれるように、下半身を温めることはとても大切。ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、血液を送り返すポンプのはたらきを担っています。温めて血行をよくしポンプの機能を上げれば、全身の血液循環もよくなり、体の不調改善やダイエットにもつながるでしょう。

ふくらはぎを温めるには、レッグウォーマーが必須。とくにおすすめなのが、アロエベラやスクワランなどの保湿成分が練り込まれているもの。しっとりした履き心地で、すねの粉吹きを防ぐことができます。

 

つらい冷え性も、ケア次第で改善します。今年は本気で冷え対策したい方、ご紹介したアイテムを活用してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ ニベアだけじゃない!バツグンの保湿力「身近な老舗コスメ」優秀3選

※ アフター6も美人すぎ彼女の「バッグの中に必ずあるもの」リスト

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ ひどくなる前のケアが大事!「風邪のひき始め」にすべき5つの対処法

※ 特別なことゼロ!バッキバキ「肩こりから解放」される5つの習慣

 

【姉妹サイト】

※ 驚愕のホンネ!女性6割の「ずっと仕事を続けたい」シビアな理由

※ 9割が「老化は隠さないほうが好感」女優達に学ぶ歳相応の美の作り方